"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●これは知らなかった (12月24日)

 クリスマスイブだってのに、雰囲気ブチ壊しなネタですので、北朝鮮に関心の無い方はスルーしてください。あるメーリングリストから仕入れたものです。以下そのまま載せます。

『(1)まずは国土交通省のホームページをご参照。

 http://www.mlit.go.jp/kaiji/insurance/insurance_portal.htm

 我が国沿岸に放置される座礁船の問題等に対処する為に、2004年4月に「油濁損害賠償保障法」が改正され、外航船へPI保険加入が義務付けられることとなります。これにより、2005年3月1日以降、

 ・PI保険等に未加入の外航船は、入港が禁止されます
 ・船内に証明書等を備え置くことが必要です
 ・入港時に地方運輸局等への事前通報が義務付けられます

ということが紹介されています。

(2)次に「油濁損害賠償補償法のまとめ」というサイトをご参照。

 http://yasz.hp.infoseek.co.jp/log2/yudaku.htm

<概要>

○来年3月から日本に入港する100トン以上のすべての船に適用。
○(難破・海難事故に遭った場合の)油漏れに関する保険がない船は日本に入港できない。
○現時点で保険をかけていない北朝鮮船は日本に入港する北朝鮮船の98%。
○船級という被保険船に対する格付けを貰わないと、この保険はかけられない。
○船級を与えられるのは英国法に基づいて認定された会員国準会員国のみ。
○韓国や中国も他国に船級を与える事はできるのだが、瑕疵(不備により条件を満たさないなど)を知りながら恣意的に与えると、船級与える協会から即日追放に。最低でも50年は復帰できない。
○そもそも、艦齢が15年とか30年以内でないと船級もらえない場合があるので、老朽船の多い北の船の90%以上は、まず絶望的。
○北が政治的圧力を掛けても、被保険の条件に関する部分はすでに英国法の運用にだけ任されたので、日本の官庁は関知しないし官庁をたらいまわしにされるだけ。
○諦めて外貨を吐き出して船級の取得できる船を新造・購入しない限り、日本には入れない。
○日本が経済制裁しなくても自動的に制裁発動。

(3)結論:来年3月1日になると、自動的に北朝鮮への事実上の経済制裁が行われることになる。

(4)感想:この法改正は、2002年に茨城県沖で座礁した北朝鮮の貨物船が油汚染を引き起こしたまま放置されたことが発端となっている。そういう意味では自業自得ですが、どこへ話をねじ込んでも、日本政府が言い逃れできるようになっているところが素晴らしい。「未必の故意」というのは、こういうのをいうのでしょう。

 ところで、北朝鮮はこれを「宣戦布告」と見なすのでしょうか?

 さあ、みなさんはどう予想されますか?
[PR]
by redhills | 2004-12-24 12:45
<< ●クリスマス・イブ物語 ●続・韓国ドラマについて >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧