"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●マジシャンになれたら

 昔からマジシャンはあこがれだった。大掛かりなショーよりもテーブルマジックが好きだった。自分が不器用なせいもあって、マジシャンがカードやコインを自在に操るのを見ているだけで楽しくて不思議で幸せだった。手品セットを買ってもらったが、まず中身がちゃちだったのが気に入らなかったのと、それでいてそのちゃちな手品を自分がうまくできないという自己嫌悪とで、結局ちっとも身につかなかった。やっぱりマジシャンはすごいんだ、と思った。

 最近テーブルマジックがはやっているのはちょっとうれしい。楽しい会話の中、何台ものテレビカメラの前で不思議なことが次々起こる。にこやかなマジシャンの顔や話に和みながらも、僕らはトリックを見破ろうと、必死にその手許を追う。けれども、やっぱり最後には、見ている僕らは目を丸くするばかり。もちろん、仕掛けがある。でも、仕掛けがあって、それが見破られないのが素晴らしい。気持ちよくだまされる(!?)というのがまたマジックの醍醐味でもある。

 小さい頃から不思議だったのは、どうしてマジックのトリックはばれないのかな、ということ。同業者からは絶対に漏れてこないのが今でも本当に不思議。弟子入りする時に「秘密をもらさないこと」とか、誓約書でも書いてるのかしら。

 昔「もしもピアノがひけたなら」という曲がはやったけど、僕にとっては「もしもマジックができたなら」華やかなステージで、たくさんのお客さんを魅了してみたい。

 人をだまして喜ばれる商売なんて、マジックくらい。それってなんか素敵じゃないですか。
[PR]
by redhills | 2005-01-26 12:08 | 日記
<< ●三角定規を食す ●ハン・ソッキュとソル・ギヒョン >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧