"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●なんだなんだなんだ

 まったくなんだなんだなんだ、である。

 なにがなんだって、「欽ちゃん球団ゴールデンゴールズ」がである。ちなみに正式名称である。

 最初名前を聞いたときはサッカーチームかと思った。でも野球チームだった。

 何だかよくわからんうちにあの欽ちゃんが球団を持つことになってとても人気だ。近鉄とオリックスの突然の合併から史上初のストライキにまで発展したプロ野球界の再編騒動のどさくさ!? にまぎれていつのまにか欽ちゃん球団は誕生していた。何という早業だ。楽天球団が誕生する100分の1の手間がかかっている(たぶん)。

 これはお笑いなのか? 本気で野球をやるのか? どこでどんな試合をするんだ? 相手はいるのか?

 疑問だらけのなかでいつの間にか選手とコーチが決まって、キャンプまで行っている。ちなみにもちろん、欽ちゃんが監督である。背番号は当然55(わかるよね)。名将だ(想像では)。

 スタッフがまた何気にすごい。なぜかあの巨人、西武で無尽蔵のスタミナで活躍した鹿取義隆氏がヘッドコーチになっている。その下のコーチにあの落球で有名な羽生田忠克氏が。プロ経験者がいる。やるな。ただコーチはその2人だけ。

 選手はほとんど知らない。投手に鹿取真央という名がある。お、これは鹿取コーチの親戚か。背番号が29というのがもう、わざとらしい。つっこんでくれと言わんばかりだ。おっと、うっかりしていた。外野にはビッグネームがいた。パンチ佐藤。お前まだ現役だったのか。背番号90って、長嶋か。

 それに女の子だっている。いや、チアリーダーじゃない。背番号1、片岡安祐美という。女子高生で受験生。勉強の合間にキャンプに来ている。おいおい、どっちが本業なんだ。朝のテレビでは連日キャンプの様子が流れるが、ほとんど欽ちゃんとこの女子高生しか映らない。でもこの子、かわいいんだよね。ビジュアルは合格。アイドル並み。でも野球の実力はマンガ並み。とても140キロ打てる感じがしない。

 キャンプは毎朝「きんとれ」から始まる。ハードだ。ただし、「欽トレ」だ。これがすごいトレーニング。大根抜き、千切大根干し、きんかん収穫、公園花壇の草抜き、稚アユ漁、湾内雑木回収作業・・・。これはさすがにプロも思いつかなかっただろう。まさに独壇場だ。

 欽ちゃんは張り切って毎日ノックしたり、紅白戦の司会進行をしたりしている。元気そうで何より。ほっとするね。

 しかしわからん、この球団。長生きはしてみるもんだ。ともかくこれからの欽ちゃん球団の一挙手一投足から目が離せない。そうそう、みなさん安祐美ちゃんをよろしく。大学合格しますように!
[PR]
by redhills | 2005-02-15 23:34 | ニュース
<< ●山越え ●通りすがりの女に >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧