"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●中国人の若者の話

 最近牛丼屋さんなんかに入ると店員のほとんどは日本人ではありません。中国人です。以下はあるメルマガからの引用ですが、そんな人たちの声の一部です。
 テレビなどで知らされている中国よりも面白い生の中国が、日本のあちこちにあるということでしょうか。ただし、彼らも中国政府の情報統制の影響は受けていると思われます。日本にいて知る中国の姿というものもあるのでしょう。

********************************

 先日、日本に来て日本語を学びながらバイトに励む20代の若者三人と語りました。一人は数年前に日本語試験一級を取得してかなり日本語のうまい江蘇省出身、一人は今年一級を取得した北京出身、一人は朝鮮系中国人で一級試験に落ちて傷心中。飲食店や貿易会社で働いている明るい青年達です。

・前の晩にラジオを聴いていたら右翼の大学教授が、中国を非難していて頭にきた。
・毛沢東は詩人としては優れている。それに留まっていればよかった。
・胡錦濤の経歴はあまり知られていない。(祖族は安徽省出身で、一族は江蘇省泰州にいて、胡は上海で生まれて泰州で育ったと教えました)
・中国の若者はあまり政治やトップの指導者に関心を持っていない。
・中国にいたら、情報は少ない。日本にいると仲間やネットからたくさんのことを知ることが出来る。
・温家宝は誠実でまじめで評判がいい。 天安門事件の時に趙紫陽と一緒に天安門広場に出向いた。自己批判して失脚しなかった。(温が仕えた胡耀邦、趙紫陽、朱ヨウ基は皆失脚し、温はその度に踏ん張り蘇ったと話しました)
・朱ヨウ基は一所懸命政治をした。 りっぱないい政治家だ
・曾慶紅はあまり知られていない。(影の実力者で、江沢民の政敵たちを次々に落し入れ、倒し、排除してきた人間だと教えてあげました)
・一度上海の新天地に行ってみたい。(そこのありさまを話したら羨ましそうでした)
・中国の若者の間で今人気のある作家は女性では衛慧(上海宝貝の作家で、これは知っていた)、男性では韓寒(知らない)。日本人は韓寒を読んでも判らないだろうけどねと。大学は無用だ役に立たないと無視して行かず、煌く才能をほしいままにしている作家のようで、若者のアイドル的作家のようです。

 そこでネットで検索すると以下のようでした。

「 韓寒(かん・かん)Han Han 1982-―(17歳のとき、受験と恋を描いた自伝的小説『三重門』(邦訳『上海ビート』)を執筆、翌2000年に刊行され大ベストセラーとなり、「韓寒現象」と呼ばれ る。韓寒現象は中国の過酷な受験戦争と大学大衆化時代の反映なのかもしれない。『三重門』はのちテレビドラマ化もされている。上海の名門、復旦大学などから、聴講生で誘われるも固辞。大学には未練は全くなかった。高校を中退して、執筆活動に専念。第2作の『零下一度』もベストセラーとなった。自らの脚本、演出、監督による中国初のカーレース映画『50キロ』を制作するなど、いま最も注目される青年作家である。他に武侠小説『長安乱』など)。


*********************************

 見ていただいてありがとうございます。ひとつご協力をお願いします。

 「ブログランキングをプチッとな!!
[PR]
by redhills | 2005-02-28 16:48
<< ●口あんぐりに口あんぐり ●ブログランキング >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧