"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●口あんぐりに口あんぐり

 もー、お口あんぐりナンデス。信じられんことが起きた。

 そもそものしくじりの始まりは昨日の夜だったんですね。
 いつも夜のうちにお米を水に浸して炊飯器に入れてタイマーセットするんだけど、昨日はタイマーの時間の調整がうまくなかった。翌朝早く起きなきゃならなかったんだけど、こう、その起きる時間とピタッと合わないんですよ、炊き上がる時間が。いや、うちの炊飯器、古くて炊き上がりを「○時△分」でセットすることができないんですわ。「×時間後」としかセットできない。やっぱり炊き上がりが1時間ずれると大きいわけ。ほら、やっぱ朝起きて炊きあがったばっかりのご飯食べたいじゃん。
 そういうわけで「後でタイマーセットしよう」と思ってほっといた。で、忘れて寝ちまった。朝起きた。炊飯器のぞいたら白いお米が水の底に仲良くお座りしていた。

 と、まぁここまではありがちな話。ここからが本番。

 しょうがない。このお米たち、もう6時間も水浸しなワケで、これ以上ほっといたらいくらなんでものぼせちまう。出かけるまでには炊き上がらんが、とにかく炊いておこう。ということで、朝の出掛けにご飯の炊き上がるおいしそうな香りがただよう中、空腹のまま後ろ髪を引かれつつ家を出ました、私。今日は帰って晩御飯を食べよう、そう思ってた、当然。

 で、家に帰ってきました。渋谷にいたけど「博多天神」の豚骨ラーメンも「千吉」のカレーうどんもやめて、朝食べるはずだったご飯を食べようって戻ってきた。靴脱いでカバン置いてコート脱いで台所に行った。すると・・・

 パカーー、ですわ。

 さっぱりわからないんですが、なぜか炊飯器のフタが全開! パカーー! んでもって、中のお米はカラカラに水分が抜けてカピカピの固まりになってた。しゃもじで突っついたら塊のままズルって動きました。それ見て私の口もパカーー。炊飯器と私のお口が仲良く開きました。

 何なんだよーーー!! 何で口が開いてんだよーー!! 

 でも我慢して私、食べました、そのカピカピご飯。硬くて噛みにくくて、やたら歯に挟まって食べにくい。ガキの頃好きで食べていたおこげを思い出しました。食べながら、何でこんなものを好きで食べてたんだろう、って思いました。

 それにしても、スイッチを入れたときは閉じていたフタがなぜ開いたのか、それだけはわからん。

 こんな私に哀れみの一票を・・・  「ブログランキングをプチッとな!!
[PR]
by redhills | 2005-03-01 23:20 | 日記
<< ●春 ●中国人の若者の話 >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧