"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●映画リスト

 「文芸坐」で映画に出会ってから9年余りが経つ。その間何度かのブランクはあるものの映画を観続けてきた。集中力もなく飽きっぽい自分が映画だけは飽きることもなく、また2時間余りの時間を楽しめている。

 今、過去に見た映画のリストを作っている。プログラムやチラシを手がかりに書き出していき、資料が残っているものについては大体洗い出せた。355本。年平均で40本弱。意外と少ない。自分の感覚としては500本以上はいっていると思っていたのだが。

 考えられる理由は3つ。1つは「文芸坐」が閉館になってから「新文芸坐」となって復活するまでの間は他の映画館で映画を観ていたものの、はるかにペースは落ちたということ。これは1997年3月7日から2000年の12月12日までの間に当たる。2つめの理由は仕事の都合で映画が見れなかった期間があること。1998年の11月から2000年の9月までは東京にいなかった上に超多忙で土日も含めて休日が全くなく、映画は全く見れなかった。3つめは資料がなく抜け落ちている期間がところどころあること。2001年から2003年の7月あたりまではまったく資料がない。ポツリポツリと「あれも観たな」と思い出せればラッキーだが、記憶の彼方に飛んでいってしまっている映画がかなりある。「文芸坐」の過去のプログラムがわかればそれだけで数十本の映画がリストに加わるんだが。

 さて、こういったブランク期間等を合計すると5年近くになる。ということは実質的には5年ほどで観ていることになるわけで、それであれば体感的に納得感がある。

 リストのトップは1996年2月6日の「七人の侍」。そしてその次が11日の「東京物語」。以下「浮雲」「雨月物語」「おとうと」・・・と、すばらしいラインナップが続く。もちろん、名作ばかりではないし、評判につられて観たが失敗したな、というのもある。逆に何となく観にいったら当たりだったということもある。ともあれ、映画というのは体験するメディアであり、自分はその醍醐味にやられっぱなしである。テレビの画面が少々大きくなったくらいで映画館で映画を観ることはやめられそうにない。

 映画好きな方は・・・「ブログランキングをプチッとな!!
[PR]
by redhills | 2005-03-30 18:03 | 映画
<< ●いつの間にか ●ある在日本中国人留学生の意見 >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧