"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●観たい映画をつなぐタスキ

お久しぶりです。またサボってます。すみません。

シナリオの方は少しずつ前進しております。
その話はまた後日にしようと思います。

さて、アヤママさんから「観たい映画をつなぐタスキ」なるものを受け取りました。
更新をサボっていたこともあり、面白いので乗ってみようと思います。

①過去一年間で一番笑った映画
②過去一年間で一番泣いた映画
③心の中の5つの映画
④観たい映画
⑤次の人につないで行く(ブログに限定する)


以上の5つのことを書いてタスキを渡すそうです。
ではさっそく行ってみましょうか。

①過去一年間で一番笑った映画

 言われてみると、コメディ映画ってあんまり観てないんですね。自分がシナリオを書くとすぐコメディタッチになるのに不思議だ…。
 でも心配後無用。超弩級のお笑い映画を体験しております。それは「デビルマン」です。
 これはすごいです。すごい映画です。抱腹絶倒とはこの映画モドキを観ていうことでしょう。内容についてはもうここに書き尽くしたので、もうこれ以上何もないです。

 ついでに「今までで一番笑った映画」を勝手に挙げちゃいますと、文句なく「黒蜥蜴」(監督:深作欣二 主演:丸山(美輪)明宏)になります!理由はある大作家が登場する場面が笑えるからです。映画館全体が大爆笑の渦でした。

②過去一年間で一番泣いた映画

 これは文句なく「オアシス」(監督:イ・チャンドン 主演:ムン・ソリ)です。この映画を見た方なら、何故僕が主演をソル・ギョングとせずにムン・ソリとしたかお分かりだと思います。体を張った演技とはまさにこのこと。とにかく凄まじいです。

 勝手に作った「今までで一番泣いた映画」はというと、我らが小津の「東京物語」(主演:笠智衆)にしたいです。本当は③に小津作品を入れたかったんですが、勝手に作ったこのポジションに安置しました(笑)。とにかく、笠と原節子の最後のやり取りのシーンは何度見ても…(涙)。
 僕は未だに小津の映画がなぜ心を打つのか、小津の映画のどこが好きなのか、うまく説明できません。小津が好きだと言うとよく聞かれ、その度にいつも答えに困るのです。でも、とにかく好きだし、感動してしまうのです。

③心の中の5つの映画

 好きな映画、感動した映画、スゴイ、と唸った映画、迫力に圧倒された映画、ベストといえる映画。…映画を選ぶ基準は無限です。ですから、ここに挙げた映画が自分のベスト5ではないのです。では、「心の中の」映画とはなんだろう。自分なりに出した答えは、「自分の人生に欠かせない映画体験をもたらした映画」、ということになりました。
 本当は小津作品も入れたいんですが(しつこい)、涙を呑んではずします。

1 七人の侍(監督:黒澤明 主演:志村喬、三船敏郎)

 あらあら、いきなりど真ん中の豪速球ですね。でもどうしようもない。僕が映像体験を生まれて初めてした映画です。こちらに、その時の様子があります。勘兵衛、菊千代、久蔵…。僕が好きなのは、菊千代が百姓達に竹やりでの戦い方を教える場面。与平との掛け合いは何度見ても腹がヨジレル! もう一つは、勘兵衛が仲間割れしそうになる百姓たちを叱咤してリーダーシップを発揮する場面。そして3つ目は、菊千代のあの名セリフと、それを勘兵衛が静かに受け取る場面。もう、見事すぎる。…とと、やっぱり書きすぎてしまった。

2 スモーク(監督:ウェイン・ワン 主演:ハーヴェイ・カイテル)

 これは僕の一番好きな洋画。この映画についてはこちらに書いてますので、ここではこれ以上書きません。

3 恋する惑星(監督:ウォン・カーウァイ 主演:フェイ・ウォン)

 実は昨日、この映画の脚本を読んだんです。前から大好きな映画だった。でも、脚本読んだら何だかわからないけど、とにかくどうしようもなく「自分はこの映画を愛してるんだ」、というキモチが溢れてきてどうしようもなくなってしまった。まさに、タランティーノと同じキモチになっちゃったのだ。それがここに入った理由っす。

4 ロッキー(監督:ジョン・G・アヴィルドセン 主演:シルベスター・スタローン)

 この映画も理由は映画体験をしたから。それ以上でも以下でもない。ヒーローはかっこよくない、ヒロインも美人じゃない、でも圧倒的なエネルギーが全てを超越してしまう。何度観ても、いつのまにか自分がロッキー・バルボアと、いや、シルベスター・スタローンと一体化してしまう。これこそが正に映画体験だ。

5 十二人の怒れる男(監督:シドニー・ルメット 主演・ヘンリー・フォンダ)

 実は、この5番目の椅子がもっとも難しかった。他にも候補は目白押しだったけれど、映画がヒューマニズムを描いた傑作として、これを挙げました。ほとんどが密室での男たちのやりとりに終始するけれども、最初から最後まで、まったく退屈しない。何度観ても、ヘンリー・フォンダ演じる陪審員8番の、信念に満ちかつ謙虚さを失わない姿勢、静かな闘志とも言うべきものに、私などは心打たれてしまうわけです。青臭い、とお思いの方もおいででしょう。でも人生にそういった青臭さも必要じゃないかとも思うんですよ。

④観たい映画

 これは、実はいまDVDを借りていて観ようと思えば観れるんですけど、実際観てないので(笑)、「イヴの総て」(監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 主演:アン・バクスター)になります。とにかく、脚本の出来が素晴らしいということなので、じっくりと味わいたいと思いますです。

⑤次の人につないで行く(ブログに限定する)

 これが一番困った! 終わっちゃったらごめんなさいな。
 ぴのこさん@Cafe:Rebirth、どうかよろしくお願いします!

 ★もう1人お願いできる先ができました★
 じぇんぬさん@ぱまるな生活 ありがとうね!


最後に。

番外です。
過去一年間で一番怒りを感じた映画「デビルマン」
今までで一番観て怒りを感じた映画「デビルマン」

以上!
 
[PR]
by redhills | 2005-06-27 02:01 | 映画
<< ●筋書きの無いドラマが始まる ●NEW MADE IN JA... >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧