"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●主役登場(W杯5日目)

韓国 2-1 トーゴ

 まだ引き分けすらないアジア勢の3番手に登場した前回4位の韓国。アジア予選、テストマッチと不振が続いていたが、初出場のトーゴ相手に逆転勝ち。前半と後半でまったく別の試合だった。ディフェンスラインの若さが出て先制された韓国が、後半フォーメーションを変えると見違え、積極的な仕掛けで2点をもぎ取った。アドフォカート監督の用兵がズバリ当った。ヒディンクといい、彼といい、オランダ人監督は優秀だなあ。それにしても、パクチソンの突破を見て、あれがなぜ日本にできないのかと…(ブツブツ)。

フランス 0-0 スイス

 愕然とした。正直に言おう。ジダンははっきり言って、もうそれ程怖い存在ではなくなってしまった。確かにパスは見事だ。でも、プレーにまったく力感が感じられない。ググッと迫ってくるようなオーラがなく、妙にフワフワしていて、当られて簡単に転んだり、よろめいたりする。ルイ・コスタそっくりで、目を覆いたくなるようだった。
 もう一つ驚いたのは、チームでのアンリの孤立振り。未だにアンリへのジダンのアシストが無いのは有名な話だが、とにかくアンリの特性がまったく生かされていない。見るからにフラストレーションが溜まっているように見えた。言われ続けている得点力不足はまったく解消されていない。ただ、ボランチのマケレレ、ギャラス、テュラムらの最終ライン、キーパーバルテズらのディフェンスが堅牢なために破綻していないだけ。悲しいが、これではベスト8も危ういだろう。

ブラジル 1-0 クロアチア
 
 今大会もっとも注目を浴びている11人が登場した。バルサより強いかもしれない、と思える世界で唯一つのチーム、セレソン。先発メンバーに1~11の番号が並んでいるのがちょっと新鮮。まさに不動のメンバーという奴。日本のグループリーグ突破のためには、ブラジルがとっとと2勝をあげてくれないといけないので、がんばれよ、と思いながら、でもショーを見るような感じで観戦。
 確かにこのチームは当然優勝することしか眼中に無いから、初戦のコンディションは60%くらいだろう。でもなあ、もう1点くらいとってくれよ。得失点差の問題あるし。まるで調整試合みたいじゃないか。
 それと、これだけは言っておかないと(プンプン)。ブラジル、10人でよくやったよ。1人、まったく走らず、ディフェンスもせず、ほとんどの時間、ボーっと立っていた太っちょがいた。そんなにワールドカップ得点記録が欲しいのかね。だったら、しっかり体を絞って来い!それから、そんな彼にゴールさせようとしているパレイラ監督ら首脳陣の魂胆も嫌いだな。クロアチアにも失礼だよ(サポーター達は失点1に狂喜乱舞してたけど)。
[PR]
by redhills | 2006-06-14 16:47 | サッカー
<< ●サバイバルへ(W杯6日目) ●先進国と後進国(W杯4日目) >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧