"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●ひょっとすると、・・・ですよ!(W杯13日目)

 今日はグループCとDで順位が確定した。先に試合の行われたグループDでは、ポルトガルが序盤メキシコの乱れに乗じてあげた2点を守りきり3連勝。危なげなく1位通過を決めた。自力突破に失敗したメキシコはアンドラが引き分けに終わったため何とか2位で通過したものの、次戦への不安を残した。グループCでの全勝対決は、アルゼンチンが終始押し気味に試合を進めたもののゴールを割ることはなく、0-0で引き分けた。この結果、トーナメント初戦で、アルゼンチンがメキシコと、オランダがポルトガルと当ることとなった。

ポルトガル 2-1 メキシコ

 とにかく、いろいろとヘンテコな試合だった。引き分けでも1位が確定するポルトガルが、デコ、クリスティアーノ・ロナウド、パウレタなどを温存してきたのは分かるし、マルケスをボランチに上げて点を取りに来たメキシコの意図もよく分かる。だから開始早々、メキシコが攻め込んできたのも当然だった。

 でも、ポルトガルの最初の速攻で、メキシコがいとも簡単に失点してしまってからゲームがおかしくなった。気を取り直して同点を目指すメキシコなのだが混乱は収まらず、今度は何と、キャプテンマルケスがペナルティーエリアでハンドを犯してしまう!たちまちの2-0。予想外の事態に、メキシコは選手もベンチもサポーターもエキサイト!試合が荒れ模様になってゆく。

 相手の先発メンバーを見て、しめしめ、これなら1位通過も、なんて考えていただろうメキシコ。あわてて1点を返し、後半からはマルケスをセンターバックに戻して落ち着いたと思ったら、今度はフォワードのブラボが大ブレーキ!PKは空高く蹴り上げるわ、キーパーとの1対1にしくじるわと大変。ついには退場者まで出す始末。こうなれば当然、ポルトガルが試合をコントロールするのかと思いきや、これまた不思議なことに、3-3-3という、常識では考えられない布陣を敷いたメキシコが中盤を支配してしまう。ウジャウジャいるだけで、ちっともボールを取れないポルトガル。をいをい…。

 まあ、得てしてグループ突破が決まった国はこんな変な試合をしてしまうもの。ポルトガルもメキシコもおかしかった。いや、何が言いたいのかというと、ブラジルだって…ひょっとすると…ってことですよ!

アルゼンチン 0-0 オランダ

 やはり双方、次の試合のことを考えて警告を受けている主力を使わないできた。オランダはロッベンとファン・ボメルを欠くと、やはり突破力と中盤の構成力が低下する。それに比べてアルゼンチンときたら!メッシとテベスの夢のツートップですよ。贅沢すぎです。試合開始前からどきどきしました。

 予想通り、ほどんどの時間をアルゼンチンが支配してゲームは進みました。何せ、オランダはファン・ニステルローイに全くといっていい程ボールが収まらない、中盤を繋ごうにも、早く厳しい潰しにあってそれもできない、という状態で攻めの形ができません。逆にアルゼンチンのリケルメ、メッシ、テベスにロドリゲスらによる鋭い攻撃に何度と無くペナルティーエリア深く浸入され、控え組中心のオランダディフェンダーたちはギリギリの守備を強いられました。感心したのは、リケルメのフリーキック。クレスポがいないために、ほぼ高さでは勝ち目がないということで、低く早いボールを蹴ってました。コーナーキックでは始めのうちに数回、直接ゴールに向かうボールを蹴ることで、キーパー、ファン・デル・サールの飛び出しを抑え込んでしまいました。それから、何度もいいますが、アジャラさん、マスチェラーノくん、守備すごいです。まだまだ余裕ありありです

 というわけで、アルゼンチンは望みどおり、ブラジルとは決勝まで当らない枠をゲット。トーナメント初戦は10人で走り回ってヘトヘトのメキシコ。インターバルも2日しかないことからみても、かなり有利。一方、こちらも余力を残してトーナメントに備えたオランダは難敵ポルトガルが相手。これは名勝負になること必定ですな。それにしても、メッシ、残念だったな…。

その他の試合

 アンゴラ 1-1 イラン

 ポルトガル-メキシコ戦を見ながらちょろちょろと見たので、詳しいことは分からなかったけど、初出場でまだ無得点のアンゴラに2点差以上での勝利は、やっぱりハードルが高すぎたみたい。でも、W杯初得点、おめでとう!イランは今大会、実力を発揮できなかったと思う。残念でした。

 コートジボワール 3-2 セルビア・モンテネグロ

 こちらは、試合後のハイライトで流れた得点シーンしか見てませんが、2点リードされたコートジボワールが逆転したみたいですね。エース、ドログバを出場停止で欠いていながら2点のビハインドをひっくり返すとは、やはり恐るべき潜在能力。ともかく、W杯初勝利、おめでとう!セルビア・モンテネグロは、国も分離してしまうということで最初で最後のW杯でしたが、1勝も出来ずに終わってしまいました。まあ、入った組が悪かったです。
[PR]
by redhills | 2006-06-22 06:41 | サッカー
<< ●勝ち上がるために(後編) ●来た国、来なかった国(W杯1... >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧