"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●2046 (10月23日)

午後仕事のため外出。

暗くなった頃に解放され、渋谷で買い物。携帯を見る。今使っているのは3年以上前に買った物だが電池の寿命が短くなってきたような気がしている。もちろんカメラなんぞついていないが、当時最新型の「カラー」液晶モデル。こういったものの変化の早さに改めて驚く。お目当てはINFOBARのNISHIKIGOI。形がよくカラフルで前から良いなと思っていた。思ったより安かったので買うことにする。

店内を歩いていたとき、弱い地震がきた。その時は「おっ」という程度だったが、後であのときに新潟で地震が起きていたことを知る。台風の後に地震では本当に大変だろうと思う。
そんなことは知らない私は偶然にも覗いた映画館で、今日(10月23日)がウォン・カーウァイ監督の最新作「2046」の公開日であることを知る。
木村拓也が主演したことでも注目されている本作であるが、公開日は知らなかった。このレイトショーがこれからあるという。しかも通常の3分の2の値段である。こういう流れは神様が自分に見ろといっているのだろうと思って見ることにする。

上映までまだ1時間半以上あったので、ドンキで買い物。赤坂に来て以来、たびたびドンキにお世話になっているが、今回初めて1階から3階まで見る。買うつもりでなかったものまで買ってしまう。

映画館に行くと、もう30人ほど並んでいる。シャツ1枚では外は少し寒かったが、ここは人が詰まっていて、どんどん暑くなっていく。まわりを見ると90%はカップルである。映画好きな恋人達がキムタクの主演作を期待して見に来ているのか。すぐ後ろのカップルが痴話げんかを始める。最初に来たときからムードが悪かったが、どうやら男のほうが仕事帰りにコンパに行くことに女のほうが反発しているらしい。「私がハセキョーだったら浮気しないでしょ」なんて言って女が問い詰めている。あまりに絵に描いたような状況設定とそのやりとりに笑ってしまう。映画でも見て仲直りしようね。後ろを見ると、100人以上はいそうだ。それにしても暑い。

予定よりやや遅れて開場。非常に不快な場所から解放されたこともあり、席へと突進する。いい席が取れたが、2列前のおやじの頭が異常に飛び出している。なんなんだよ、その頭。もう少しひっこめてくれよ。前の席は女性だったが、しばらくして彼氏と席を替わった。無理も無いと思う。

さて、いよいよの「2046」なのだが、その前にウォン・カーウァイについてすこし。彼を知ったのは数年前、「恋する惑星」を見たときである。もうショックなんてもんじゃなかった。始まってから終わるまでスクリーンに釘付けだった。なんてポップな。なんて自由な。若さと都市とせつなさと不可解さが混然となって爆発している、そんなよくわからない、でも絶対もう一度見たくなる、そんな映画だった。恥ずかしげも無く言えば、ゴダール「勝手にしやがれ」を感じた。それまでに見たどのアジア映画、香港映画ともまったく違っていた。立て続けに「天使の涙」「欲望の翼」を見て、はまっていた。そして、「東邪西毒」の映像の美しさに感動した。
しかし、おやと思ったのは「ブエノスアイレス」だった。ホモセクシュアルという題材に問題があるのではなかった。なぜか2人の男達の愛憎が響いてこなかった。彼らは同じ運動を繰り返していたようにみえた。退屈な映画だった。

そしてしばらくぶりに見たのが「2046」だったのだが、結論から言うと、ダメだった。

いろいろ言いたいことはあるが、一番の問題点は前作と同様、登場人物が生き生きと迫ってこない点だった。ここでネタバレはしないが、過去と未来をつなげる必然性があったのだろうか。

思うに、彼(ウォン監督)は悩んでいるのではないだろうか。わからなくなっているのではないか。それをそのまま描いているような気がする。吹っ切れないもどかしさが終わりまで晴れないのだ。でも僕が見たいのはあの破天荒でエネルギーにあふれた人間達なんだよ。
なぜだかわからないけど、彼はもはや、そういった人を描けなくなってしまった。残念なことだ。ひょっとすると彼にとって、そういった人間像はいまやリアリティーを感じさせないのかもしれない。ウォンさん、もっと自由に、堅苦しくなく、かる~く映画撮ってくださいよぉ。頼みます。

見終わった帰り道、何か寂しくなってしまった。ウォン・カーウァイ監督の復活を望む!!
[PR]
by redhills | 2004-10-24 01:22 | 映画
<< ●どうやら見栄えだけは (10... ●初めての客 (10月22日) >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31