"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

★新年のごあいさつ★

みなさま

新年明けましておめでとうございます
旧年は大変にお世話になりました
本年も宜しくお願い申しあげます


更新をごぶさたしております。
リトルです。

平成になってもう20年目です。早いですね。
今年は平成元年生まれの子供たちが二十歳になるというわけですね。
う~ん、年を取るわけです。

昨年末、年の瀬もいよいよ押し迫った週末に友人の家に招かれてカニをごちそうになっていたとき、今年は41歳の春なんだなあ、という話になったんです。

 「あ、じゃあ俺たち(彼は高校の同級生です)、バカボンのパパと一緒だ」
 「そうだよ、41歳の春だよ」

アニメ『元祖天才バカボン』の終わりの歌に
 ♪ 41歳の春だから~
   元祖天才バカボンの パ~パ~だ~か~ら~
   冷たい目で見な~い~で~
という歌詞があります。

バカボンのパパは何歳であろうとたぶんバカボンのパパなのだろうと思うのですが
自分があのバカボンのパパと同じ年だとは、やはりどうしても思えないのです。

そんな、41歳の早春であります。

…………………………………………………………………………………

さて振り返りますと、昨年は私的には大きな変化のない1年でした。
イベントとしては、4月に1週間、上海に行ったことがあげられます。
以前から取り組んでいる映画のシナリオ作りのための取材ということで
20年前の上海の名残を探しに行きました。
さすがに超高層ビルが林立するなど光景は一変してはいましたが
マロニエの並木や遊園地、そして当時の寮がそのまま残っていることがわかるなど
貴重な成果もありました。
書くと言ってちっとも書き上がらず『書く書く詐欺』と言われているシナリオですが
絶対に形にしたいと思うところです。

…………………………………………………………………………………

一方、公的には大激動の年だったといえるでしょう。

永田町関連では、7月の参院選での与党の歴史的惨敗と安倍総理の突然の辞任、福田政権の誕生と衆参ねじれ国会の停滞、そして大連立構想とその破綻とそれに続く小沢代表の辞意表明と撤回…。いやはや、目の回るような1年でした。

参院選の分析は例によって、「政権交代のサイン」「二大政党制への一歩」などといったものが目立ちましたが、自分としてはそれにどうしても納得がいきませんでした。
自分の参院選の見立ては8月1日の「雷鳴(続)・敗因」にあげましたが、多くの識者の言説の中で唯一、ジェラルド・カーティス氏が「今回の選挙結果は民主党の勝利を意味しない」と述べておられた以外、自分の考えに近いものはありませんでした。

いずれにせよ、今年は解散総選挙が予想されます。ここで民主党が過半数を取ったら政権交代です。
薬害肝炎訴訟での原告への冷たい対応や、来年度予算でのばらまきぶりなど、福田政権の底の浅さは露呈しつつあり、民主党にとっては千載一遇のチャンスが到来していると思われるのですが、果たしてどうなるでしょう。
解散総選挙の結果どちらも単独過半数が取れずに政界大変動が起こるという予想もありますが(その可能性は決して低くはないと思われます)、今年中にその答えは出ることでしょう。

…………………………………………………………………………………

世界に目を向けると、アメリカの不動産バブルの終焉に端を発したサブプライム問題が炸裂、世界中の金融機関が膨大な含み損を計上し、急激な信用収縮によって世界経済は機能不全に陥りかけました。
「証券化」という魔術によって消されたはずの魔物がある日突然世界中で目を覚まし、誰がババを引いたのか、世界中の銀行を疑心暗鬼の暗闇の中に突き落としてしまいました。
リスクを分散してヘッジしたはずが、それによって予想もしない新たなリスクを生み出してしまったという、笑えない冗談のような大事件でした。
そして環境問題での世界の利害対立が露わになり、テロで元首相が暗殺されるというニュースで終わるという1年でした。

昨年の選挙結果がもたらした衆参のねじれの結末がわかるであろう日本の政治も、また、終わっていないサブプライムの影響と世界経済の行く末がアメリカ大統領選挙を左右するかも知れない世界の政治情勢も、ともに昨年急激に増大した不安定な状態が引き継がれ、その決着がつくのが今年のような気がします。

いま日本も世界も、大きな分水嶺に立っているのかも知れません。

…………………………………………………………………………………

とはいうものの、幸か不幸か自分はそれをどうすることができる立場にはありませんので、今年1年、日々明るく、元気に、感謝の気持ちを持って、誠実に生きていこう、そんな気持ちでいます。

長文、最後までお読みいただきありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしております。

最後に。
本年がみなさまにとりまして良い1年でありますことを
お祈りいたしております。

平成20年 元旦
[PR]
by redhills | 2008-01-01 17:30 | 日記
<< ★おしらせ★ ブログ、引っ越します! 無題 >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧