"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

●現代押し売り事情 (10月30日)

 朝からどんよりと曇っている。これから雨が降るらしい。今日は一日歩き回るつもりでいたのだが、寒いし気が乗らず、家にいる。
 新築マンションではいろいろなことが起きる。セキュリティーは万全ですと不動産屋はいうが、もちろんそんなことはない。テレビカメラ付きオートロックとくれば、会いたくない訪問者に会うことはないと、普通は考える。でもそれは違う。こんなことがあった。

 ピンポンと鳴ったので出ようとしたらおかしい。何がおかしいって、マンションのエントランスからの呼び鈴じゃないのである。つまり、いきなり玄関ドアの前にその人は立っていることになる。ヘンだな、と思いつつインターホンで話を聞くと、給湯器のメンテナンスの説明にきた、とのこと。見たところ制服を着ている兄ちゃんである。ドアを開けると身分証のようなものを見せながら名乗った。外出のタイミングをはずしていたところでもあり、話を聞くことにする。兄ちゃん、給湯器のメンテは1ヶ月に一度、ベランダにある室外機を開けていろいろやる必要があると図をみせながら丁寧な説明ぶり。その後玄関前の配水管について、個人負担でクリーニングをやらないと管が水垢で詰まってきてよくないですよ、これを自腹でクリーニングするにはこれだけかかりますよ、と言う。金かかるなぁと思ったところで、その奇妙に慇懃な兄ちゃんが「いいものがあるんですよ」と言い出した。なんだなんだと思って聞くと、配水管に外からなにやら不思議な装置をつけると、イオンの働きで水垢を寄せつけず、ズーッときれいなままですよ、という。しかも今なら本当は一括で買うと34万円以上するものが、5年リースで月々たったの4500円、5年経てばこれはもうあなたのもので、以後いっさい金はかかりません、ときた。

 そこまで話を聞いたところで、まずあなたの名刺を下さい、それからその装置についてもっと知りたいのでパンフレットを下さい、とリクエストすると、兄ちゃんはなぜか、名刺はない、自分は施工担当なもので、と言う。それにパンフもないと言う。そりゃおかしい、だってあんた、バリバリ営業してるじゃん、と思ったがそれは言わずに、こんな高いもの買うのにパンフもないのはおかしいじゃないか、と言うと、しどろもどろになる。言いながら、世の中の人たちはこんな話で本当にこんな装置を買ってしまうのだろうか、と考える。
 さらに次のツッコミを入れる。5年リース、つまり60回払いしても、総額で30万しないけど、これはヘンじゃないの。兄ちゃん、ますますろれつが回らなくなってしまう。おいおい、手が震えてるよ、大丈夫かい。そこでやっと兄ちゃん、白状した。実は最初に20万円以上払わなくてはならない契約だった。当たり前だよ。ここまで付き合ったけどもう限界。ものを売るのに、身分も明かさない、商品の資料も渡さない、おまけに全部でいくらかかるのか、こちらが言うまで言わずにいて、月々これだけですよ、なんてトークで釣ろうッテンダカラ虫のいい話だ。兄ちゃん、あえなく退散となった。

 一つ残った疑問は、兄ちゃんはどうやってマンションに入り込んだのかだが、おそらく、興味本位で話を聞こうと中に入れてしまった住人がいたのだろう。これではセキュリティも怪しいもんである。
[PR]
by redhills | 2004-10-30 18:22 | 引越し
<< ●秋葉原の男たち (10月31日) ●足りないものは (10月29日) >>



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧