"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

カテゴリ:未分類( 31 )

●韓国ドラマについて

橋田寿賀子の韓国ドラマ批判について に再トラックバック


 まず、くどいようですが、どうでもいいことなので余り乗り気じゃないんです。でも橋田氏がかわいそうなので、少しだけ。興味の無い方は飛ばしてください。

 僕がcxz00061さんに同意できないのは、橋田氏をプロとして失格といい、負け犬だとみなしている点と、それ故に橋田氏が韓国ドラマを批判することを認めない点です。僕は橋田氏のドラマのファンでもないし、またその意見が妥当かどうかもわかりません。でも彼女の気持ちはとてもよく分かるし、また彼女はドラマ作家として負け犬などでは決して無く、それどころか、それを言う十分な資格があると思うわけです。

 cxz00061さんは、橋田氏(あるいは日本のドラマ)が避けてきた手法が今の視聴者に受けているのだから、そういったドラマを作れなかった橋田氏は負けを認めるべきだとおっしゃいますが、果たしてそうでしょうか。

 まず、前にも言いましたが、日本でも同じようなドラマは昔たくさんあったのです。記憶喪失、すれ違い、常套手段でした。でも、粗製濫造が過ぎて飽きられたのと、バブルの雰囲気と合わなかったことで廃れていったのです。当時のトップアイドルが主役でゴールデンタイムに高視聴率を取っていたのです。だから僕はこのブームは一種のリバイバルだと思っています。
 また、受けているからそれで良しとするのはポピュリズムであり、資本の論理、視聴率至上主義そのものではないでしょうか。もちろん、受けているのには理由があるのであり、視聴率至上主義の番組制作者(テレビ局)は謙虚に受け止める必要があるでしょうし、ましてや批判する立場には無いでしょう。しかし、対象が何であれ、受けていようがいまいが、良くないものは良くないのです。これはドラマに限らず言えることだと思います。
 では橋田氏は番組制作者と同じ立場なのでしょうか。僕は違うと思います。彼女は彼女の与えられたドラマの仕事をするだけであって、他のドラマすべてをどうこうできるわけではないからです。彼女が書いた台本が気に入られなければ採用されないまでの話です。

 では、果たして橋田氏は負け犬なのでしょうか。そして橋田氏のドラマはつまらないのでしょうか。

 橋田氏はドラマ作家としての掟を貫いて生き延びてきたのであり、好みの問題は別にして、そのことに対しては敬意を表すべきだと思います。質を落とさずに高視聴率を取れるドラマを作ってきたという自負があるからこそ、今回あえて釘を刺したのであり、私はその点で橋田氏を認めます。
 バブル全盛期、ホームドラマの終わりが叫ばれ橋田氏も仕事を干されました。これは戦争世代がテレビのチャンネル権を失っていった時期にあたります。「おしん」の路線ではもう受けなくなってしまった。そこで苦しんだ末に放った逆転ホームランが「渡鬼」だったのです。「渡鬼」は人生の苦労ばかりを伝えるものではありません。その点が「おしん」から進化した点であり、現に高視聴率を取っています。しかも、その視聴者と韓国ドラマの視聴者は一部重なっています。決して橋田氏は負け犬ではないのです。彼女は作れなかったのではなく、「作らなかった」のです。

 では橋田ドラマはつまらないのでしょうか。確かに橋田ドラマに飽き足らない人たちは沢山います。でも、それはそれで他のドラマを見ればよいのであって、つまらない人が10万人いたからといって、20万人がそのドラマを見ていればつまらないとはいえないでしょう。マンネリ批判ということであれば、いささかシニカルですが、僕には記憶喪失に代表される同じようなプロットが何度出てこようと面白いというのと、印籠が何度出てこようと楽しいというのとは本質的に何ら変わらないように見えます。韓国ドラマもマンネリ化して行かざるを得ないのです。橋田ドラマのすごいところは、マンネリといわれても結果を出し続けているという点なのです。
 韓国ドラマが新鮮に映ったことは確かですが、本当に革命的な、今まで無かったようなものではないと思います。昔のファッションがはやるのと同じでやがて収まっていくと思われます。その中で何人かの俳優や女優は後も人気を保ち続けるでしょう。

 ドラマ作家から言わせれば、「プロット自体はおそらくオーディエンスにとってどうでもよ」いということを認めることは自殺行為だと思います。誠実に仕事をしている人ほどそう感じるでしょう。なぜなら、プロットに命を懸けているのがドラマ作家だからです。これはストーリーテリングの命であり、大げさに言えば、有史以来の長い時間的蓄積を経て出来てきたものです。たとえば、ボーイミーツガールというのは時空を超えて普遍的なドラマの要素ですが、これが廃れるとは思えません。しかし、日常にありえないような展開を何度も見せられれば、うそ臭さが鼻についてきます。長い目で見れば、やはりそういったドラマは下火になっていくと思います。問題は、日本の放送界にドラマを作る力そのものが無くなっていっているように見受けられるところです。その原因は、前回も述べたジャ○ーズだと僕は思います。

 後段の「掟」と国家状況については、なぜここに内政干渉とか植民地とか左翼とかが登場してくるのかさっぱり理解できません。橋田氏は単に放送界に生きるものとして批判したに過ぎませんが。したがって論評のしようもありません。

 最後に。橋田氏がなぜ今批判したのか。これについては、世の中が韓流一色で塗りつぶされ、ヨン様批判などしようものなら、世論に串刺しにされかねない状況に危惧を感じたということもあるかもしれません。現に麻木久仁子は番組の中で謝罪させられました。一種の言論統制ですね、民衆による。ですから、内容はともかく、この状況下で実績のある橋田氏が言いたいことを言ったことに、僕は価値があると思います。
[PR]
by redhills | 2004-12-22 16:25

●続台湾選挙 (12月20日)

台湾選挙に関しトラックバック

 cxz00061さんのトラックバックにコメントをつけたら長かったので補足のうえ再トラックバックしました。

 選挙結果を数字で言うと、与党民進党は2議席増の89議席で第1党。続くのが野党第1党の国民党で11議席増の79議席。その次が野党第2党の親民党で12議席減の34議席。次が李登輝率いる与党台湾団結連合で1議席減の12議席。過半数113議席のところ与党連合は合計101議席、野党連合は114議席で過半数を維持した。

 やはり与党の失敗の原因は中選挙区における候補擁立のまずさと、訴えた内容が独立に偏りすぎていたという2点らしい。
 特に陳水扁総統が余りに台湾独立を急ぎすぎていることに国民が引いてしまったということが、過去最低の投票率(59.16%)に表れている。むしろ経済政策をもっと訴えるべきだったというわけだ。党内には、先走りしすぎた総統の指導者としての資質に疑問を呈する向きもあると聞く。批判を感じ取った総統は党のトップを辞任した。

 さて、以下がトラックバックに関する部分です。

 日本による台湾統治は50年間に及びます。1945年に日本統治が終わった時点で、それ以前に教育を受けた世代も60代でしょう。なかなか清朝意識を継承することは難しかったんじゃないでしょうか。
 戦後の国民党時代でも、まず228事件で一部の外省人(国民党幹部)が本省人を弾圧するということが起き、大部分を占める本省人は国民党の思想を受け入れがたかったのではないでしょうか。言うまでもなく前総統の李登輝は台湾化を進めたし、彼の前任である蒋経国の時代から国民党政権は改革路線であり、中華性を注入するということはあったのでしょうか。

 もちろん、台湾が文化圏として中国に非常に近いことは当然であり、中国が共産化して捨て去った文化的風習を台湾人が維持していることは何ら不思議なことではないです。文化面での中華性はあって当然だと思うのです。問題は中華思想といわれている政治的感覚、あるいは中国との一体感を台湾に住んでいる人が強く持っているのか、です。

 あと、最後の部分、台湾版文革ということですが、台湾の文化的独立とはどういうことなのでしょう。清朝以前の文化を掘り起こすということなのでしょうか。
[PR]
by redhills | 2004-12-20 14:38

●「中国政治三考」

「中国政治再考」考

 往復書簡みたいになっているが、面白いのでもう少しおつきあいを。

 アメリカと中国の間でバランスを取った立場に立つことは非常に有効な外交スタンスだと思うのだけれども、それを実現するには非常に高度な外交センスが必要だろうと思う。それこそ、歴史上に名を残すような、ビスマルクだとかタレーランだとか、周恩来だとか、シュミットとかいった優秀な政治家が国の舵取りを行わなければ不可能だと思われる。そしてそれを日本に求めるのははっきりいって無理じゃないだろうか。この国は伝統的に外交が下手くそなのだから。もしそんな気をおこしたりしたら両方からいいようにあしらわれて、利用されて捨てられてしまうだろう。
 でもまぁ、今のようなブッシュべったりぶりは行き過ぎだというのは同感。僕が思うに、日本が手を伸ばすべき先はやはり、南アジアや西アジア諸国だと思う。中国と朝鮮半島は反日意識が強くてなかなか平静な関係が築けない。その点、台湾は親日的だし、マレーシア、ベトナムなどは日々中国の圧力を感じながら生きている国で、現に過去何度も攻め込まれた歴史を持つ国々である。また、インドは建国以来中国と国境紛争を繰り返しているので外交上の利害は一致する。

 米中関係についてはまた後日ということで。
[PR]
by redhills | 2004-12-17 23:44

●「中国政治再考」

「中国政治考」考
麻生氏のコメントを受けて少々。
>かりに「脅威」という場合に見逃せないのが米中関係であるとは考える。
>中国政府側のゆさぶりは時に日本よりもむしろ米国を意識していることがあって・・・

 まさにその通り。詳しくは改めて書こうと思っているけれども、日中関係における、中国のビヘイビアは常に、アメリカへのメッセージである。当然ながら、中台問題の本質も同じである。ただ僕が麻生氏と異なるのは、米中の歩み寄りがありえるかというところで、僕はありえないと思う。ある国際ジャーナリストが、アメリカはアジアの覇権を中国に譲ろうとしているのでは、と述べているが、とんでもない誤解だ。権力というものは、仲間同士でシェアできるものではない。少なくとも、国家という形態においては、取るか取られるかの二者択一のゲームなのだ。
 90年代以降、遅くともブッシュ政権になってからは、アメリカの仮想敵国は中国に絞られている。そして中国もまた、いかにしてアメリカの影響下から脱するかを考えている。アメリカにとって潜在的な脅威となりうる存在は中国であり、また中国の為政者にとって、ふくれあがる自国のエネルギーを満たす道(すなわち自己保身の方法)は行き着くところ、アメリカに対峙することしかない。
[PR]
by redhills | 2004-12-16 00:05

●デジタル文明考1 「ハイテク技術の本質」

 ここ10年の間に身の回りの生活でもっとも変わったことといえば、携帯電話の普及であろうかと思う。人によってはインターネットの普及というかもしれない。
 いずれにしても僕は、この大きな変化の技術的な根っこはデジタル化だと思っている。人類史における、農業革命、産業革命に続く第3の波は情報革命であるといわれているが、その技術的な本質がデジタル化というわけだ。

 僕ら現代文明の中にどっぷり浸かっている人間にとって、デジタル技術とかかわりなく生きていくことはもはや不可能である点は異論はないと思う。でも僕は、実はその影響は生活の変化といった次元をはるかに超えてしまっているのじゃないかと考えている。つまり、僕らはもう、その思考の多くをデジタル的に変容させてしまっているのではないだろうか。単なる技術だけではなく、文明という優れて観念的な人類の営みの発露もデジタル化していっているのではないだろうか。

 そんなぼんやりした考えが前からあって、形にして見たいなと思っていた。まぁ、こういった分野は世の中の天才たちがあれやこれやと優れた仕事をされていることもあり、文字にすることさえ恥ずかしくもあるのだけれども、日記だし、いいやね! ということで、いささか大げさだと思いながらも、デジタル文明考というトピック、作っちゃいました。平たく言えば、現代文明をデジタルという切り口で考えよう、ということです。

 その1は、ハイテク技術についてです。

 ここのところ、企業間で特許侵害が問題になるケースが多い。日本とアメリカ、日本と韓国、中国と韓国など、国をまたがった形で裁判に持ち込まれることもよくある。液晶や半導体、デジカメや薄型テレビなど、主にハイテク家電やその中核技術にまつわる争いがほとんどである。
 以前(1990年以前)は、こんなことはなかったと思う。通商問題が生じることはあっても、特許侵害という紛争はあまり聞かなかった。この原因は、東西冷戦下でグローバリズムが不十分であったということもあろう。イデオロギーの対立が消滅し、世界中が経済(資本主義)という価値観で一体化したことが激しい競争を呼んだことは間違いない。でも、その最大の要因はハイテク技術のデジタル化ではないだろうか。
 
 デジタルとアナログの違いは、極端に言うと、数字に置き換えられるか、否かということのように思う。ご存知のとおり、デジタルにおいてはすべての情報を0と1のどちらかに還元してしまう。このことによって、データ処理を容易にすることが可能になるのだ。だから、文字でも絵でも音楽でも映画でも、何でも同じ方法で扱える。アナログのような、あいまいなグレーゾーンがないので機械と相性が良いのだ。
 つまり、デジタル化すると、いっそう機械化が進むという構図になる。これこそ、デジタル化の最大のメリットである。すなわち、人類の夢、面倒なことは何でも機械にやってもらおうという夢に近づく大きな一歩となるわけだ。

 デジタル化が機械との相性が良いということは、同時にコピーしやすいということでもある。ビデオテープはダビングしていくとだんだんテープ自体もくたびれてくるしコピーを繰り返すと映像も悪くなる。しかし、デジタルにはそういったことは理論上、ない。何度コピーしても、子から孫、ひ孫とコピーして言ってもまったく同じものが出来上がる。

 これは何もソフトだけの問題ではない。デジタル技術を駆使したハードでも同じことが言える。つまり、コピーが簡単にできてしまう。なぜなら、かつて微妙な職人技に頼っていた回路技術なども、デジタル化されて今ではすべて半導体などの情報処理に委ねられることになるからで、最もデジタル化が進んでいる情報家電でそういった傾向が特に激しいのは当然のことになる。パソコンなどはもうすでに、必要な部品を組み立てれば誰にでも作れてしまうのであり、だからデルなどが急速にシェアを伸ばせたのだ。部品会社から部品をもらえばすぐに同じ製品を作れるのだから、完成品メーカーは自前の技術にこだわっていると負けてしまうということになる。
 デジタル化によって、以前より格段にハードのコピーが容易になった結果、先進的製品を苦労して開発して発売しても、すぐにコピーされてしまう。確かに細かい作業は必要だが、それもあくまで画一的な作業であり、アナログ的な、ひとつひとつの微妙な違いを調整しつつ、丁寧に作り上げるというのと根本的にモノの作り方が異なってしまっている。だから、モノの善し悪しが数字ですべて比べられてしまう。CPUのクロック数でパソコンの性能が測られるのが良い例だ。ハイテク製品での特許紛争が急増したのも、すぐにコピーされてしまうというデジタル化の一つの側面が、ビジネスの負の面として現れてきたということに他ならない。
[PR]
by redhills | 2004-12-14 19:15

●国際政治考1 「中国」

 仕事柄ニュースに触れる機会は多いのだが、正直新聞、テレビなどの伝える情報には限界が多くて食い足りない感が強い。僕からすれば驚くべきでもないことを大げさに報じていたり、頓珍漢な解説を加えたりしている場合もある。

 日記とは少し趣旨がずれるかも知れないけれども、自分の感じたことでもあるということで、これから世の中の動きについて、少し独断と偏見に満ちた感想を綴っていこうと思う。
 僕が今一番興味を感じているのが東アジア情勢なのだが、その中でも中国(そして台湾)については考えることが多い。今回は初めということで中国情勢について書いてみよう。

 最近中国では民族暴動が多発している。最近の例を拾う。

 四川省の漢源県で10月27日から29日にかけて、中国共産党が権力を握ってから「史上最大」の暴動が発生した。現場は水力発電所を建設中であり、最初は地元の共産党幹部が強制収用した土地の補償に不満を抱いた数万の農民が政府ビル前に座り込みの抗議を行った。これに暴力的鎮圧で警官が対応したため、1人が死亡し、多数が負傷した。農民側は犠牲者を追悼し、翌日、翌々日と連続で「汚職役人打倒」と叫んでデモ行進を展開した。これに地元の学生数万人が加わり、政府ビル、学校、商店が閉鎖された。警官隊と衝突が繰り返され、数十名が死傷(大紀元、11月1日付け)、地方政府は近くの軍にも応援を頼んだ。病院は負傷者で溢れかえっているという。

 河南省中牟県南仁村では同じく10月月27日から漢族vsイスラム教徒の暴動が勃発。死者数十名(ワシントンポスト)、数千名がすでに避難を開始し、数千から一万規模の軍隊が投入された。北京の当局は一帯に「戒厳令」を布告する事態になっているという。もともと民族のモザイク地域で南仁村はイスラム教徒の村だったが、革命後、大量の漢族が入植。水や収穫、土地をめぐっての争いは絶えなかったというが、事件はささいな悶着から殴り合いになり、死者が7名、負傷42名に。続いて近くの村々からイスラム教徒、漢族がそれぞれ駆けつけ大乱闘、民族暴動に発展した。
 続報によれば、死者は28名とされ、けが人は無数。ただし漢族とウイグル族はそれぞれ異なった病院に入院している。香港の『明報』などによれば、正確な死者の数は誰も確認できていない。
 村へ通じる四カ所で警備は二重になっており、警備車両が合計百両。内外記者団を近づけないようにしているため、ジャーナリストで南仁村へ潜入できた者はいない。とくに米国人ジャーナリストの取材を禁止している模様だという。この暴動の影響は大きく、当局はイスラム教徒が多い、甘粛省、寧夏回族自治区、新彊ウイグル自治区への波及を警戒し、暫時、軍は駐屯の模様。

 騒乱は辺境や内陸部だけではない。今度は広東で住民3万人が騒ぎだした。
 広東の福建省との省堺にある掲陽という町にかかる榕華大橋の通行料をめぐって、以前より住民と政府当局の間で対立があり、11月10日、料金所を住民およそ千人が襲い事務所ビルに放火、車両十数両も焼かれ、一名が死亡するという事件がおきた。
 もともと料金の使われ方に疑惑があり、過去数年に亘って住民の抗議が続いていたところ、通過料金を撤廃する約束ができていたにもかかわらず約束の11月1日を過ぎても通行料が無料にされなかったのが原因。
 3万の市民が現場に殺到、消防車も通れないほどの混乱となった。警察は「凶悪な犯罪者が計画した暴乱」と発表し、24時間の警備体制を敷いた。辺境、奥地、貧困の農村地帯で起きている暴動ならともかく沿海部の都心でさえ、こうした暴動が頻発している。

 日本では中国の脅威論が盛んだ。かつての中華帝国が再興されるというような論調で、急速な発展を遂げている隣国の様子を経済面から取り上げ、やがて日本は呑み込まれてしまうのではといった論調が目立つ。また、それと呼応するように政治的な大国としての中国の顔がここ数年、あきらかに目立ってきている。これも中国脅威論の一つの論拠である。

 僕が思うに、確かに中国は驚異的な経済発展をしているが、それが日本にとって脅威となるかというと、ちょっと疑問である。
 それは何も、中国が日本に対して友好的であるからではない。むしろ、中国政府は日本というネタを格好の内政統治の具にしているのであり、その限りにおいて中国政府の反日的スタンスはいささかも変わりないであろう。僕がむしろ言いたいのは、彼らにとって経済発展と反日(抗日)という2つの旗こそが生命線であって、その旗を振り続けなければいつ権力の座を追われるかわからないという危機感こそが最近の中国(政府の動き)を読み解く鍵ではないのかということなのだ。実は中国という国の内情はそれほど危ういバランスの上に成り立っているのではないか、ということなのである。

 長くなったので中国についてはこれからも何回か触れてみようと思う。最初にあげたような各地の暴動はほとんど報道されないが、かなりの数に上っていると思われる。と同時に、そういったこととはまったく無縁にビジネスに邁進する中国人たちが何千万人、いや何億人も存在している懐の深さが、またこの国の姿なのだろう。
[PR]
by redhills | 2004-12-14 17:44

●台湾選挙 (12月13日)

 台湾の立法委員選挙が終わった。陳水扁総統と李登輝前総統などの与党は台湾独立派でイメージカラーからグリーン連合、片や国民党など野党は中国との一体化を目指しておりブルー連合と、はっきりと両陣営の意見が分かれての大一番。
 予想では去年の総統選挙の勢いを駆ってグリーン陣営が過半数を取るのでは(選挙前の時点では野党が過半数を取っていたので総統は思うように政策を推進できなかった)、と考えられていたが、結果は予想外の与党敗北となった。

 今のところ詳しい事情はわからないが、どうも与党側は選挙戦術でミスが目立ったようだ。与党同士で票を食い合ったり、台湾独立を強調しすぎて中間派の票が逃げたのだとかいう話がある。
 中国は例によって選挙前からさまざまなブラフをかけて選挙に介入してきた。北京オリンピックまであと3年半。中台関係からはまだまだ目が離せない。
[PR]
by redhills | 2004-12-14 16:08

●コメント待ってます (11月8日)

 このブログの各トピックの最後の部分、一番右にCommentsというのがあります。
 これをクリックすると、閲覧している人が自由に感想などを書き込めるようになっているわけです。今のところ、今日の書き込みに対するコメントは当然まだ無いので(0)となっています。
 どれくらいの人が僕の「赤坂日記」をみてくれているのかわからないけれど、ちょっとしたことでもいいので、何か言いたいことでもあったらコメントして欲しいです。
 できる限り毎日更新していこうと思うけれども、何かしら反応があるとやはり嬉しいものなのでよろしくお願いします。
 ちなみに、コメントする際名前を書く必要がありますが、もちろんハンドルネームで良いですのであまり気になさらないで下さい。
[PR]
by redhills | 2004-11-08 17:57

●ブッシュ再選 (11月4日)

 ブッシュが再選された。ブッシュに負けられると困る人がアメリカに多くいるので勝敗は予想通りだったが思ったより接戦になった。

 4年前はまだ20世紀だった。4年たって世界はずいぶん変わったが、4年後はどうか。ヒラリークリントンは初の女性大統領になれるだろうか。北京オリンピックは無事に開催できるだろうか。台湾は独立宣言をするだろうか。朝鮮半島はまだ分断国家だろうか。サウジアラビアは王制を維持できるだろうか。ビンラディンは生きているだろうか。そして首相官邸の主は誰になっているだろうか。
[PR]
by redhills | 2004-11-04 11:32

●秋葉原の男たち (10月31日)

 今日は晴れたので昨日いく予定だった買出しに出発。
 まずはコンランショップへ。週末の丸の内はあまり印象がない。人気のない感じなんだろうと思ったら、ビルの蔭から沢山の子供たちが駆け出してきた。今の丸の内はそういう街になっていたのかと思い知る。じっくり食器などを見るが、買うには至らず。
 午後はパソコンを買いに秋葉原へ。今まで使っていたノートパソコンが壊れてしまったのでやむなく買うことにした。秋葉原も再開発が進んでいる。駅前に超高層ビルが建設中である。結局、特価で他の店より2割ほど安かったものを買う。液晶はシャープ製なのでまあ、安心だろう。

 秋葉原はどんどん変貌している。電気街→パソコン街→オタク街までは知っていたが、今の秋葉原は駅のすぐ近くにアダルトグッズばかりを売るビル(店ではなく、ビル丸ごとアダルトショップ!)がデンと建っている。一歩路地に入ると昔ながらの無線グッズや電子部品を売る小さな店が並んでいるのだが、閉めている店もやや目立つ。そしてここにもオタクは入り込んでいる。ある雑居ビルの2階以上はすべてアニメなどのフィギュアの店になっていた。中には海洋堂の店などもあって必ずしもアニメだけではないのだが、それにしても、食い入るようにフィギュアを覗き込んだり、仲間で熱心に話し合っている客がすべて大人の男性である光景はヘンである。年齢層は20代からおそらく50代くらいと思われる人までいる。子供のころマジンガーZをテレビでやっていて、バンダイ(だったはず)から出た超合金シリーズがはやったのを覚えているが、そういった嗜好が大人になっても続いているのだろうか。でもそれはロボットなどで友達と遊ぶためであって、家に帰ってきて並んだアニメのキャラを眺めているサラリーマンとは何だろう。

 彼らはもはや生身の女では満たされないのか。日々希薄になっていく生身のやりとり。失っていく肉体性はもう取り戻せないのか。病的に見えるが、これが今の日本だ。
[PR]
by redhills | 2004-10-31 23:10



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧