"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

<   2004年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

●MVP (11月15日)

 メジャーリーグのMVPがいよいよ明日、あさってと発表される。
 17日に発表されるアメリカンリーグのMVPは、やはりイチローが選出されるだろうと思う人は多いと思う。ジョージシスラーの作った、257本という「アンタッチャブルな」年間最多安打記録を84年ぶりに塗り替えたイチロー。余りに古すぎて、アメリカ人ですらその記録の存在を忘れかけていた大記録を21世紀の現代に蘇らせ、鮮やかに抜き去った偉業は誰しもが認めるところだ。

 しかし僕は、イチローはMVPを取れないのではないかと、実は思っているのだ。

 1998年、全米は、マーク・マグワイアとサミー・ソーサのホームラン王争いを固唾を呑んで見守っていた。それまでの年間本塁打の世界記録は、1961年にニューヨークヤンキースのロジャー・マリスの記録した61本だったが、二人は驚異的ペースで本塁打を打ち続けた。全米を熱狂の渦に巻き込んだ史上まれにみる争いは結局、マグワイアが70本のホームランを放ち、記録を塗り替えるとともに勝者となった。一方のソーサはマリスの記録を超える66本のホームランを打ったものの、本塁打王のタイトルは取れなかった。だが、その年のMVPはソーサだった。

 メジャー記録、それもベースボール最大の華である本塁打記録を更新したマグワイアが、なぜMVPにふさわしくなかったのか。理由は明快だった。ソーサの所属するカブスはこの年、ナショナルリーグの地区優勝を果たし、プレーオフに進出した。片やマグワイアのいたカージナルスは3位に終わっている。チームの勝利にいかに貢献したか。それが『価値のある』プレーヤーの大きな要素なのである。僕はこの結果に唸ってしまった。

 確かに野球はチームスポーツであり、勝利こそが(そしてワールドチャンピオンこそが)究極の目標であることはわかる。しかし、マグワイアの成し遂げたことは歴史に残る偉業である。極端に言えば、優勝するチームは毎年メジャーで6チームあるが、彼の記録は世界でたった一人だけのものである。しかし、それでもMVPはソーサのものだった。

 今年、マリナーズは一度も優勝争いに加わることなくアメリカンリーグ西地区の最下位に終わった。果たしてイチローはMVPを取るのか。その答えはもうすぐ出る。
[PR]
by redhills | 2004-11-16 00:45 | 野球

●整理整頓 (11月15日)

 昨日実家から帰る途中、ダメもとで行ったビックカメラでフォトアルバムをあっさり入手する。カメラやさんと言っても写真用品なんて置いてないのかと思ったらそうではなくて助かった。
 今日は早く帰って写真の整理をすることにする。写真も本と一緒で見ているとあれこれ思い出してはかどらなくなり勝ちだ。それに、「これいつのだっけ」というのが必ず出てくる。中には処分に困る写真も多々あったり。何とか今週中に片付けたいが。
 そういえば、椅子を買った「a.flat」でコーヒーテーブルも注文しているのだが、まだ入荷について何の連絡もない。28日にまとまった来客があるので、それまでに届くことを祈る。
[PR]
by redhills | 2004-11-15 18:14 | 日記

●お手玉お化け (11月14日)

 昨日家に帰ったのは、使ってないソファが欲しかったからであった(もちろん、1人でいる親父に顔を出すためでもあったが)。
 帰ると親父は不在だったので、下に下りていく(実家は2階に玄関がある)。1階のピアノのある部屋に確か置いてあったはずだが・・・。いくと、あったあった、これこれ。お手玉お化け。見た目にはソファには見えない、ただの大きな布の袋。直径は1メートルくらい。そのなかに、細かい発泡スチロールが大体半分くらい入っていて、人が座ると、自由な形にへこんでソファになる。ペイズリー柄なのであうのではないかと睨んだのだ。ところが、2つあったはずなのに1つしか見当たらない。帰ってきた親父にきいてもわからない。捨ててしまったかもしれない。計画の半分の収穫だが、しょうがない。
 さて、今度はこのお手玉お化けソファを実家の車で赤坂に運ばねばならない。そこで親父にこれから赤坂に行くけど一緒に行って見る?と尋ねると行くと言うので、2人で出発する。
 4時に出たが、まずガスがないのでスタンドへ。ガソリン、バカ高。レギュラーが116円もする。もう1号線は渋滞していて、横浜新道に入るまでにひどく時間を食ってしまう。そして、第3京浜を下りて環8にはいると、また渋滞。瀬田で246にはいり、六本木通りから赤坂に出て家に着いたのは6時頃。
 ちょっとちらかっているが、まぁ、いいだろう。それにしても考えてみると、親父を自分の家に連れてくるのは初めてのことだ。まぁ、今までが遠かったり、ひどいところや、寮なんかにいたりで呼ぶ状況じゃなかったので当然と言えば当然か。
 一通り説明をする。特に何も言わない。どう思っているのだろうか。

 その後、赤坂「津つ井」で定食を食べる。土曜日だからか、客は1人だけだった。おばちゃんに聞いたら日曜日が休みだと言う。腹が空いていたのであっという間に食べる。こういうとき、親父の食事のスピードが昔に比べてひどく遅いのに、老いを感じる。食べながら、なぜか親父はサムスンはすごい、としきりに言う。僕がなんでサムスンはあんなに儲かっているのか分からない、と言うと、それはシェアが圧倒的だからだ、という。それにしても、すごすぎるのだが。

 食事の後、来た道を引き返して鎌倉へ。帰るともう9時になっている。居間に寝る。かつての自分の部屋は親父の書斎と化している。
[PR]
by redhills | 2004-11-14 20:32 | 日記

●こんなことが行われていたとは (11月13日)

 今、鎌倉の実家に戻っている。

 パソコンでヤフーを開いたらこんな記事が出ていた。
  「延長18回」の星稜―箕島、3度目の“激闘名勝負”

 先日、「麻生晴一郎のページ」RERE日米野球の差のコメントに、箕島vs星陵が甲子園の名勝負だな、と書いていたら、タイミングよく当時の選手達が対戦をしていた。審判なども当時と同じ方々にお願いしたということで、とてもいい話だ。野球文化という点で、このようなことはもっとやってほしい。例えば、プロだって、一日だけ昔のユニフォームで試合をやるとか、メジャーではよくやっていて、当時の名選手が始球式をしたりする。そういうことが過去を知り、野球の伝統を深めていくためには必要だと思う。今年イチローがシーズン258本目のヒットを打ったとき、試合中にも関わらずチームメートが祝福し、スタンドで見守っていた、前記録保持者であるジョージ・シスラーの娘さんの所へイチローが駆け寄り言葉を交わした場面は何ともいえなかった。こうしてメジャーの歴史、文化が受け継がれていくのだと感じた。

 箕島vs星陵の名勝負を知らない、という方のために、2つアドレスをおいておきます。こちらを読んでいただければ少し雰囲気がお分かりになるのではと思います。
 熱球スタジアム 死闘延長18回
 そのスコアブック
[PR]
by redhills | 2004-11-14 02:30 | 野球

● (11月12日)

今日はこれから、会社時代の課長と飲みに行くことになっている。
引越しのメールの返事で誘われた。
気さくな人だったが、「今度、一杯いきませんか」 「(飲む)場所はいくつか知っているところがあるので会ってから決めましょう」などと、丁寧に書かれると少し違和感を感じる。
会うのは何年ぶりだろう。どんな話になるのか。楽しみでもあり、また緊張もし。
[PR]
by redhills | 2004-11-12 17:07 | 日記

●文芸坐で映画を (11月11日)

 僕は映画が好きで、結構見るほうである。調子付くと月に20本くらい見ることもあるが、ならせば年間60本くらいになると思う。なかなかだと思うが、自分としてはまだまだ見たいと思っている。他のことを考えずに映画を思う存分見られればどれだけ幸せだろうと思うくらい。ビデオは見ずにできるだけ映画館で見る主義でそのうえ、大作より掘り出し物との出会いに喜びを感じる性質なので、行くのはどうしてもシネコンより、過去の映画を2本立て、3本立てでみせる名画座や、アート系の映画館となる。ホームグラウンドは池袋の『新文芸坐』だ。

 昔、『新文芸坐』は『文芸坐』だった。そして『文芸坐』で僕は映画に出会ったのだった。もちろん、子供のときから映画は見ていた。でも、やはり僕が映画を見るようになったのは、『文芸坐』で映画を見てからのことだ。

 池袋駅から徒歩5分のところにある、薄汚れた白い壁に羽の生えた女神(竪琴を持っているのでおそらく芸術の女神ミューズ)のレリーフと「BUNGEIZA」のロゴが目立つ建物、それが『文芸坐』だった。『文芸坐』には1と2の二つの映画館があった。『文芸坐1』は大きくて、主に少し前に終わった封切りのハリウッド映画や邦画の大作を2本立てでお安く見れますよ、という感じ。『文芸坐2』のほうは、横っちょの入り口から暗い階段を地下に下りていった先にあり、ミニシアターとして、よりこだわった作品を上映していた。『文芸坐』ではいつも何らかのテーマに合わせた特集が組まれていた。テーマは監督だったり、俳優だったり、アカデミー賞だったり、アジアだったり、サスペンスだったり、ロマンポルノだったり、その時々で様々だったけれど、いつも感心したのは、組まれた2本が常に何らかの共通点(もしくは著しい対比点)を持っていたことで、今日は何が隠しテーマなんだろう、と思いつつ見るのも楽しみだった。本当に映画を良く見ている人たちがプログラムを組んでいるんだと思った。

 初めて『文芸坐』で見た映画は忘れもしない『七人の侍』だった。一度は見たいと思っていたので、思い切って行ってみたのだった。地図を片手に風俗街を走り抜けて着いたときにはもう上映時間を過ぎていた。受付で「『ななにんのさむらい』1枚下さい」と言ったら、メガネをかけたお姉さんに上目遣いで「『しちにんのさむらい』ですね」と返された。「やべぇーしくじった」と思いながらドアを開けると、いきなり「野武士のテーマ」が耳に流れ込んできた。立ち見が出ている暗がりの中をうろつき、ようやく壁際の一角に居場所を見つけた。目が慣れてくるとかなりの混雑だった。
 恥ずかしかったからか走ってきたからか、館内はかなり蒸し暑く汗が出たが、そんなことはすぐに消し飛んでしまった。『七人の侍』は最高だった。何といっても三船の菊千代は魅力的だった。そして宮口精二演じる久蔵の剣豪ぶり。ルパンに出てくる五右衛門を髣髴とさせる(失礼を承知の上、当時の感覚です)しぶさと強さとストイシズムに酔った。4時間近くの間立ちつづけだったし、画面は白黒だったけれどもまったくそんなことは忘れていた。静と動、明と暗、正と邪、笑いと怒り、かっこよさ、色気、そんなものが怒涛のように押し寄せてきた。表現のしようのない、強烈な体験だった。

 映画と出会った僕はそれから『文芸坐』に通い詰めた。1人暮らしをするのにわざと池袋から2駅のところにしたのも、帰りに寄るのに都合が良いからだった。
 いつ行っても『文芸坐』には映画が大好きで見にきた人たちが集まっていて、館内には映画を見る喜びが充満していた。おかしい場面では爆笑が、シリアスな場面では張り詰めた空気が、悲しい場面では嗚咽が館内を満たした。それはまぎれもなく、「ニューシネマパラダイス」の光景そのものだった。もちろん、実際は「ニュー」ではなかったけれど。

 その『文芸坐』が取り壊されると決まり、最後の上映がされる日。急いで仕事を切り上げ、初めて行った時と同じように、池袋の街を走った。確か泉鏡花原作の「婦系図(をんなけいず)」だったと思うが、違ったかもしれない。スクリーンが暗くなり、明かりが灯る。拍手が鳴り止まない。すると、館主の三浦大四郎さんが壇上に上がり、短いお礼とお別れのあいさつを述べられた。また拍手。僕も拍手。いくつもの花束が贈られる。むせび泣く声があちこちから聞こえてきた。全てが終わっても、みななかなか立ち去ろうとしない。僕も剥げ落ちた壁を触りながら清潔とはほど遠いトイレなどを歩く。外へ出ると、テレビが取材に来ていた。
 10歩進む。振り返る。もう少し歩く。振り返る。やがて、覗き部屋のネオンの光と呼び込みのテープの声が僕の目と耳から『文芸坐』を奪ってゆく。さようなら、『文芸坐』・・・。
 
 8年が経った。4年前に同じ場所で生まれ変わった『新文芸坐』は1、2階がパチンコ屋で、映画館は3階にある。2本立てのプログラムは健在で、あいかわらずのこだわりを見せていて、嬉しい。席もゆったりとし、音もドルビーサウンド、トイレは清潔だ。でももう一度でいいから『文芸坐』で映画を見たい。特にあの、暗がりの底にあった『文芸坐2』で。
[PR]
by redhills | 2004-11-11 19:22 | 映画

● (11月10日)

 今日は給料日。普通の会社と違って10日なのだ。年末調整の書類を出しに行く。完璧のはずが、引越しのために去年出した書類の住所を訂正する羽目になってしまい、ハンコを1ヶ所押すことになってしまう。当然ハンコは机の中。ちくしょー、なんだよー! そんなら説明しといてくれよー! と思ったがやむなく引き下がる。
 事務所を出た帰りにドンキで買い物。納豆は近くのスーパーがめちゃ高なのでドンキでまとめ買いすることにしている。ちょうど学生時代からたまりにたまっている写真の整理をしようと思っていたのでアルバムを探すがどこにもない。しばらく探し回ってはたと気がついた。きょうびの人たちはフィルムで写真なんかとらない。デジカメで写真をとるからCDかDVDに焼いちゃうので、アルバムなんか必要ない。だからアルバムは売ってない。そうか・・・。どうしようかな。先日やっとカメラ付きケータイを買ってデジカメ(?)を初めて手にした自分としてはちと予想外の事態である。とにかく写真の整理だけは始めることにするが、これらがアルバムに収まるのはちょっと先のことになりそう。今までサボっていたつけがこんなところにもでてしまう。
[PR]
by redhills | 2004-11-10 23:51 | 日記

●ブログっておもしろい (11月9日)

 友達に促されてブログを始めたのだが、少しずつ活用法!?がわかってきた。どんどん他のブログに行ってコメントをしてリンクを広げていくのがいいみたいだ。
 ランキングをのぞいてみたが、何万ものヒットを出すブログもあってすごい。そこにあるいくつかのブログをのぞくが、みんな文章が上手だと思う。
 思うにこれは、カラオケがはやりだした頃の状況と似ているような気がする。それまでほとんどの人たちはマイクを握って歌を歌うなどということは日常的になく、せいぜいテレビに合わせてバナナをマイクに振り付けをまねて歌っていたか、風呂場でエコーを利かせてこぶしをまわしていたかだったが、カラオケの登場によって、自分の声をマイクを通して聞くようになり、歌自慢が世の中にワッと増えた。
 同じように、ネット時代になって自分の文章を世間に披露する事がはるかに容易になった。これにケータイが加わって、いまやケータイで小説が書かれている時代だ。書くことが多くなってやはり、一般的に文章もうまくなってくると思う。
 それはともかく、いやー、たくさんあるね。探検しだしたらキリがないけど、面白い。あんまりはまらないようにしなくては!
[PR]
by redhills | 2004-11-10 01:53 | 日記

●コメント待ってます (11月8日)

 このブログの各トピックの最後の部分、一番右にCommentsというのがあります。
 これをクリックすると、閲覧している人が自由に感想などを書き込めるようになっているわけです。今のところ、今日の書き込みに対するコメントは当然まだ無いので(0)となっています。
 どれくらいの人が僕の「赤坂日記」をみてくれているのかわからないけれど、ちょっとしたことでもいいので、何か言いたいことでもあったらコメントして欲しいです。
 できる限り毎日更新していこうと思うけれども、何かしら反応があるとやはり嬉しいものなのでよろしくお願いします。
 ちなみに、コメントする際名前を書く必要がありますが、もちろんハンドルネームで良いですのであまり気になさらないで下さい。
[PR]
by redhills | 2004-11-08 17:57

●日米野球 (11月7日)

 日米野球をやっている。

 大学生のときだったか東京ドームに見に行ったときは100マイルクローザーのロブディブルが来日していて、1球ごとにドームがどよめいた。自分もオー!!と大声を上げていたが、まだまだ当時はメジャーも観光気分が多少感じられた。でも自分としては満足だった。

 今日の試合、0-0の中盤にメジャーが送りバントを見せた。信じられないようなプレーを見た。ここ数年の日米野球は本気度が高くなってきているが、ここまでやるのかと思う。それだけ日本の野球も評価が高まってきていることだとおもうが、日本人は恵まれているなあと思う。なぜって、もしかするとロジャークレメンスの現役最後のピッチングは大阪の可能性が高いからだ。イチローも松井も、そしてリトルマツイもいないメジャーチームだがそれでもボストンのMVPコンビや石井、大塚の登場で盛り上がっている様子を見て、メジャー人気は定着してきているなと感じた。
 やや唐突だが、NBAの田臥もぜひともがんばって欲しい。日本で初めて行われたNBA公式戦を見に行った、マジックジョンソン、ラリーバード世代の自分としてはとにかく、隔世の感のある最近だ。
[PR]
by redhills | 2004-11-08 01:59 | 野球



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧