"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

●「デビルマン」体験記(1)-驚愕の誕生シーン-

 いよいよ本編が始まった。

 小さな子が二人で絵本を読んでいる。おそらく不動と飛鳥の幼年時であろう。二人は幼馴染だということを伝えるためのシーンらしい。ところが、ここですでに妙なお面が登場。あれ? おい、それって高校生になった時に飛鳥の親父さんが発掘して持ち帰ってきたんじゃねーの? 不吉なスタート。

 高校生の不動と飛鳥が登場。グラウンドを走っている。同じ高校らしい。それにしても二人の余りのモヤシっ子ぶりに目を見張る。ガリガリ君だ。マラソン選手ならわかるが、走りっぷりがヘタレでまったくそう見えない。不動などちょー不自然な動きでコケてトラックにうずくまる。おまえら、ほんとにこの映画のために1年間体鍛えたんか?うそだろ?早くも怒りにも似た感情が。

 ヒロイン美樹登場。不動とラブラブらしい。不動のださいニヤケっぷりが癪に障る。飛鳥は無口でクールらしく、やたらにガン飛ばしている。

 牧村家のシーン。不動の声で下手なナレーションが入り、自分の境遇を全て説明してくれる。はなから映像で説明するとか言う事は考えていないようだ。ここでクソシーン一発。美樹が朝からケーキを作っている。不動がそれをいぶかると、牧村父が君のために作っているんだという。すると美樹がせっかくサプライズパーティーやろうと思ってたのにパパなんで言っちゃうのー、とか言ってる。お前馬鹿か? 家の台所でなぜかコックのコスプレ(あの細長い帽子までかぶって!)までしてケーキ作ってたら誰だって何だと思うだろ? バレバレじゃんか! これからこんなおままごとを見せられるのかと思うとうんざりする。

 おままごとが終わると安っぽい学園ドラマに突入。不動と飛鳥、美樹がそれぞれ学園内のいじめっ子らとなんかぐちゃぐちゃやる。馬鹿らしいので省略。

 不動を車で連れ出す飛鳥。ここは原作どおり。と、なんかヘンなヘルメットを被る不動。どうもこれが、あの仮面の代わりらしい。ダサすぎ。神秘性やマガマガしさがちっとも出ない。飛鳥の父が映像で出てきて語りだすのだが、そのストーリーがまた噴飯モノ。北極だか南極だかでデーモンを発見しちゃって研究所の人たちが全員乗っ取られてしまいましたとさ。おいおい、「遊星からの物体X」のパクリかよ! それにそんな大事件、世界中で大騒ぎだろーが! だってさ、その研究所ってスタッフが「何千人」もいたんだぜ。それが全部デーモンになっちゃったって、一人くらいSOS出さなかったのかよ! それにデーモンの存在がバレバレジャン! 原作のデーモンたちはもっと賢いぞ。ひっそりと人間社会に入っていってまずその特徴を掴もうとするのだ。随分間抜けなデーモンだな、ええ、飛鳥さんよ!

 そうこうするうちに飛鳥の家に到着。何と奥の部屋一杯に巨大化したヘドロみたいな怪物がいる。飛鳥があくまでクールに「デーモンに合体された父だ」と紹介する。不動、意味不明の叫びを上げる。どうも驚いたらしい。不思議な演技だ。ハイッ、ここで飛鳥君に質問。このおっきなお父さん、どうしてお家まで帰ってきたの? しかも誰にも見つからずに。とーっても気になるんだけどね。

 でもそんな私の質問などに答えてくれるはずもない飛鳥君、ここでさらに驚くべき告白!俺もデーモンに合体されたんだ!

 え!? 飛鳥合体されたの? それじゃ原作の設定がぜーんぶブチ壊しじゃん! 混乱する私。と、間髪を置かずにここでデーモン合体シーンが! おっきなお父さんから黄金に輝く精子が飛び出してきて不動のお腹にぶっささる! これがデーモン? なんじゃ? なんか「エイリアン」のパクリぽいが。ぜんっぜん面白くない。怖くもなんとも無い。なんともあっさりと合体しちゃう。おまけにとたんに不動がデビルマンに変身。あらら簡単だこと!! ってこんなんでいーわけないだろ!

 おい! いいかげんにしろ! サバトはどうした? あの、緊迫したデーモンとの合体にいたるプロセスと二人の葛藤や恐怖や苦悩はどうした? そして、デーモンとの最初のサバイバルはどうした? こんな簡単にデビルマンになっていいのか? 不動がデビルマンになる必然性も決意もな~んもないじゃんか! 何か知らん間にデビルマンになってましたって・・・おい那須とそのカミサン(監督&脚本)! お前ら原作なめとんのか? これが「実録風」だと? 念願の映画化だと? 原作の持つテーマを万分の1も理解してねーじゃんか!

 デビルマンになった不動、何と飛鳥のおとうさまを速攻でぶっ殺してしまう。おいおい、いいのかよ? 飛鳥が見てる前で?
 と、驚くのはまだ早い。いつの間にかサタンに変身している飛鳥。ありゃ、いきなり正体晒して・・・。あぁ、もうめちゃくちゃだ・・・。怒りを通り越して絶望感が襲う中、那須&カミサンはなおも私を責めたてる! 映画史上に残るとんでもない会話が不動と飛鳥の間で交わされるのだ!

 不動「(変身した飛鳥を見て)お前、きれいだな」 「あはー、おれデーモンになっちゃったよ」
 飛鳥「違うよ、デビルマンだよ」 「ハッピーバースデー、デビルマン」

 おれ、デーモンになっちゃったよ?? ハッピーバースデー、デビルマン??

 すみません。理解できない俺の方がおかしいんでしょうか。忘年会で変装したんじゃないんだけど。人間でなくなったことの悲しみや怒りや嘆きがカケラもないんですけど。こんな人間いないだろ? どういう人物造形してんの? 演技もそうだがホンも学芸会レベルだぜ!

 今考えても本当に恐ろしい。これが、これが、映画「デビルマン」の、デビルマン誕生シーンだった。ちなみに映画が始まって15分くらい。今思えばもうこの時点で、すでに私は那須&カミサンの精神攻撃の前に崩壊してしまっていたのかも知れなかった。
(続く)
[PR]
by redhills | 2005-05-20 17:25 | 映画

●「デビルマン」体験記(0)-幕が上がるまで-


 その日、私は10時過ぎには新宿駅にいた。上映は午後2時30分からなのになぜか。それには深い訳があった。私は足早に駅を出ると一直線に靖国通りを越え、コマ劇場を目指した。念には念を、である。いちおう、上映館の下見をしておきたかったのだ。MOVIEシアターアプルのはずだが。うむ、確かに「デビルマン」が上映される。間違っても入り口が同じ新宿コマ東宝に入ってはいけない。こちらは話題の新作、「ローレライ」である。若いカップルがチラホラとのぞいていく。実は内心、「デビルマン」はたった3日間の上映なのだからひょっとしたらもう並んでいるかもしれない、と思っていたのだがまったく人影も無い。チケット売りのおばちゃんがあくびをしている。念のためだ。ここで当日券3枚を購入。

 さて、上映までまだ大分時間がある。しかし無駄な時間は無い。計画通り次の行動に移る。私はコマ劇場に向かう途中に見つけておいたマンガ喫茶に向かった。そう、マンガ「デビルマン」を今一度復習するためだ。昨日までに終えるはずであったが予定が押してしまっていた。時間が惜しい。席に着くや読み始める。・・・すごい、すごすぎる!ああ、美樹ちゃんが、美樹ちゃんが!!○○ちょんぱだぁぁぁ・・・。カタルシスに酔っていてふと見るともう12時を回っている。いけない、次の行動に移らねば。私は急いでマンガ喫茶を出た。もういちどコマ劇場へ。念のためだ。人の集まり具合を確認する。やはりあまり変わり映えは無い。

 よし、では次。私は新宿駅へと向かった。東口を通り過ぎる。このあたりだったはずだが。・・・うむ、あった。「談話室滝沢」新宿中央口店。今月末で閉店してしまう前に絶対一度行っておきたかったのだ(「談話室滝沢」についてはこちらをご参照)。地下へと階段を下る。そうそう、この懐かしい抹茶色の絨毯だ。以前自分が行ったのは池袋店であったが、新宿店は思ったより広い。品のあるお姉さんに禁煙席へ案内される。1100円のケーキセットを注文。チーズケーキを選択する。さて12時30分だから1時間ほどいられそうだ。思った通り店内は混雑している。私が来て程なく満席となってしまったようで、後から来たお客が何組も残念そうに帰ってゆく。それにしても独特な店内。川が流れ、鯉が泳いでいる。少し感慨にふけりつつ、ジャック・プレヴェールによる、「天井桟敷の人々」の素晴らしい台詞回しに酔う。

 そうこうするうち、あっという間に1時半となり、名残惜しいが「滝沢」を出る。「謝恩券」なるものをいただく。「永年にわたりご愛顧を賜りまして、有難く厚く御礼申し上げます」とある。ごくろうさまと心の中でつぶやきコマ劇場へ急ぐ。

 歩きながら姉に電話するともう到着している。思っていたより早い。行ってみると、おお、列が出来ている!割と先頭の方で姉貴とダンナが手を振っている。並ぶ人の横を歩く。何となく彼らに親近感が湧いた。だが残念ながらその喜びも束の間であった。私は見逃しはしなかった。彼らの手に握られているチケットの大半は私の買った当日券ではなく、招待券であった。

 気を取り直して入場する。中は思ったよりずっと大きい。真ん中あたりのいい席をゲット。結構年配(50代以上)の客が多い。もちろん、招待券組である。映画が始まるまでまだ30分ほどある。姉貴夫婦と話していて意外な事実を知る。ダンナは原作を読んだことが無いというのだ。どうも年齢的に「ハレンチ学園」世代だったらしい。昔は少年漫画は少年のもので、大きくなってもジャンプやマガジンを読み続けるなどということは無かった。うーむ。どのような反応が得られるのか、興味が湧く。

 いよいよだな、と思ったりして緊張感が高まる。トイレなどに行ったり話したりしているうちにブザーがなる。果たしてこれが地獄への案内ベルとなるのか。場内が暗くなり、恐怖の2時間のツアーがいよいよ始まる。私は心を落ち着かせると、シートに深く身を沈め、対ショック体勢を取った。しかしこれもはかない抵抗であることを、私は数分後に思い知ることとなったのだった。
(続く)
[PR]
by redhills | 2005-05-20 12:59 | 映画

●「デビルマン」体験記(序)-マンガ「デビルマン」-

 3月21日。ついに私は決心をし「デビルマン」体験ツアーを決行した(事情が分からないかたはこちらをご参照)。迷っていた私にとっての心強い同志であるツアー同行者は2人。「最悪の2時間」を金を払ってまで一緒に過ごそうというその奇特な輩とは私の姉貴とそのダンナ。ちなみに、高校と中学の甥っ子どもは棄権を申し入れてきた。うむ。やむを得まい。何しろ相手は「デビルマン」だ。ハンパな気持ちで見て彼らのトラウマになってはいけない。耐性の無い場合、下手をすると人間でいられなくなるおそれもある非常に危険なツアーなのだ。3人寄れば文殊の知恵ともいう。ここはオトナ3人で臨むのが妥当であろう。

 おっと! ここですぐに私の体験した驚異と驚愕と悲嘆と憤怒と虚無感の入り混じった2時間について述べてもよいのだが、その前にやはり、その私の思いをよりリアルに感じていただくために、原作であるマンガ「デビルマン」について述べておくべきだと思う。というか、単に書きたいんで書く。

 マンガ「デビルマン」は、週刊少年マガジンに1972年6月11日号から翌1973年6月24日号まで、約1年間にわたって連載された。作者の永井豪氏は当時「ハレンチ学園」の大ヒットにより、日本で最もPTAに睨まれると同時に最も次回作に期待のかかるマンガ家であったが、「デビルマン」は、学園ギャグマンガで人気の頂点にあった氏が初めて挑戦したストーリーマンガであった。講談社をはじめとする周りの期待も大変なもので、テレビアニメ化が企画段階から決定していた(というよりこちらが先だったようだ)。マンガとテレビアニメが同時に進行するということで宣伝効果も抜群であり、連載開始前から大変な注目を集めていた。

 マンガ家として一気にブレイクした永井氏が、あえて未体験のジャンルへと挑戦した「デビルマン」は当然気合の入った作品であったが、それは連載を重ねていくとともに、読者やスタッフ、そしておそらくは永井氏本人の予想をも超えた展開を見せ、日本マンガ史に燦然と輝く傑作となった。

 なにしろ、コミックは全5巻なのだが、なんと、1巻の終わりまででたったの1日しか時間が経過していないのだ! まるまる1巻使って、デビルマン誕生までが語られるこの1巻だけでも永井氏の驚異的なストーリーテリングが十分に堪能できる。簡単にそのすごさを考えてみる。

 「デビルマン」の最も素晴らしいのは、その基本設定、テーマであろう。神とは何か、悪魔とは何か、そして、人間とは何か。もちろんこれは普遍的テーマなのだが、氏にかかると、神と悪魔の固定観念が揺らぐのである。

 こういった作品はどうしても話が荒唐無稽にならざるを得ない。だから普通の話よりも余計に「なぜ」そうなってしまったのか? という必然性の部分がしっかりしていないと読者がついていけなくなるのだが、この点についても「デビルマン」は素晴らしい。第1巻のほとんどを使って、なぜ不動明(主人公の高校生)がデビルマンにならざるを得なかったのかが語られるのだが、これが最高にシビレル!

 彼は親友の飛鳥了(歌手ではない)から、悪魔とは想像上の存在ではなく実在しており、今や彼らは永い冬眠から覚め、かつて自らが支配していた地球を人間たちから取り返すために戦いを挑んでくるという衝撃の事実を知らされる。絶望する不動に飛鳥は、驚異的な能力を有する彼らデーモン族と戦うには人間は弱すぎるが、たった一つだけ、戦う術があると言う。そこで不動は飛鳥の命がけの頼みを受入れ、彼と共に、そのたった一つの方法、デーモンと合体し、人間でありながら悪魔でもある存在、デビルマンとなることを決意する。しかしそれは簡単なことではなかった。デーモンと合体するためには理性を捨てなければならないのだが、同時に強い良心を持つ者でなければ心を乗っ取られてしまうのだ。デビルマンになるためには、理性を捨てつつ、良心を失ってはならないのである。そんなことが果たして可能なのか。何の確信もないまま、彼らはサバトといわれる狂乱パーティーで踊り狂いながら麻薬入りの酒をあおる。理性を捨てるために! 悪魔と合体するために!

 ここで不動はふと疑問に思う。ひょっとして、デーモンが憑依するのは俺たちだけではないんじゃないかと。飛鳥はニヤリと笑いながら言う。そう、その通りだ。ここで踊っている彼らもデーモンと合体するだろう。そして彼らは間違いなく乗っ取られる。つまりはデーモンとなるのだ。驚く不動。え!?じゃあ・・・。飛鳥は言う。そう、俺たちは万が一デビルマンになれたとしても、まず初めにここにいるだろうデーモンたちを殺さなければ生き残れないのだ! ということは了、敵だらけの中なのか、俺たちは! ひるむ不動に飛鳥は畳み掛けるように言う。不動、俺たちは人類を、地球を守るためにデビルマンになるんだろう? だったらこれくらいのことが出来なくてどうするんだ!

 何と言うシチュエーションだろう!不動も飛鳥もただの高校生であり、もちろん、人一人殺したことなどない。それが、いきなり人間であることを捨てて悪魔と合体する必要に迫られる。しかもである。デーモンと合体できるのか、同時に人間の心を失わずにいられるのか、それさえも定かでないのに、運よくデビルマンになれたとしても、まず、いの一番にまわりの何十人と言う人間たち(を乗っ取ったデーモン)を殺戮しないと生き残れない、つまり決死の行動が無意味となってしまう・・・。こんな異常なシチュエーション、もちろん非現実的なのだが、読んでいてもまったく違和感は感じない。永井氏の筆の力がすべてをねじ伏せてしまう。この、二人の置かれた究極の状況設定は奇跡としか言いようがない。

 そして、不動はデビルマンとなり、デーモンと戦うことになる。ここまでが1巻。たったの1日のお話である。しかし読者には強烈な体験をする。

 2巻以降、デーモン達との死闘が続いていくのであるが、なぜかデビルマンにもならずに生き残った飛鳥了を語り部としつつ、物語は少しづつテーマ性を深め、人間の真実の姿を暴いていく。驚くべきことに、この驚異的なエネルギーを持った連載マンガは何と1回も休載していない。永井氏の筆はもう自由自在であり(実際のところ、途中からは自動筆記のような感覚で執筆していたらしい)、その凄まじい描写は今見ても鳥肌が立つ。人間を守るために人間であることを捨てたデビルマンが人間に裏切られていくさま、絶望の中で彼が気付いた、たった一つの守るべきものが人間たちによって虫けらのように蹂躙される戦慄の場面、そして、その○○を抱いて鬼の形相で去っていくデビルマン。まさに阿鼻叫喚、人間の負の側面を描き尽して余すところが無い。そして、ハルマゲドンから感動と驚愕のラストへ。チョーかたるしす!!

 まったく。これが30年以上前に小学生が読むマンガとして連載されたということが奇跡だ。まだ読んでいないという方がいたら、是非読んで欲しい。ただし、豪華愛蔵版や文庫新版は後から永井氏が加筆訂正してしまっている。まぁ、最初の太古の地球の場面とか、新デビルマンとか、どうでもいいものばかり付け足されているので、そこを無視して読めばいいのだが、できればオリジナル版が良い。

 改めて思う。ああ、僕だったら、デビルマン誕生までで1本の映画にして、とにかく、今ここに書いたシチュエーションの凄さ、不動と飛鳥の究極の人間ドラマを中心にする。続いて、娯楽性を重視し、アクション全開でシレーヌやジンメンとの戦いを中心とする死闘編。そして、深いテーマ性を持ち、自滅する人類とハルマゲドンを描く完結編。なんだ、完全なトリロジーじゃないか!どう考えてもこれがベストなのに! なのにどうして映画「デビルマン」は!!!


 ということで、3月21日の新宿駅から話は始まる。
[PR]
by redhills | 2005-05-18 05:50 | 映画

●ダイブナガイアイダ

 さぼってしまいました。

 悠久の眠りからさめてやっと再開と参りたいと思います。

 さて、僕がどこから書いていないかと言うと・・・そうですね、「デビルマン」からです。

 なんで書かなかったの?
 ひょっとして「デビルマン」見なかったの?

 いえ。間違いなく「デビルマン」は見ました。3月21日に新宿コマ劇場地下のMOVIEシアターアプルでちゃんと最後まで見ました。だからそのまますぐに感想を書けば良かったんです。
 でも、何と言うか、ついに見てしまった、みたいな変な達成感というか虚脱感というか、そのようなものが湧いてきてしまってしばらくの間は書けなかったんです。
 その後一度書きかけたのですが、何とデータを保存せずにパソコンを閉じてしまうという信じがたい事故が発生したためにその後遺症で今までズルズルときてしまったというわけです。

 でも先日ある方から「ブログを見た」と言われたときに、非常に恥ずかしい気持ちになったんですね。こりゃいかん、書かなきゃな、と思いました。それに以前から読んでくれている友達からも「サボりすぎだ!」というお叱りも頂戴し、重い腰を上げたという次第。

 というわけで、約2ヶ月さかのぼっての再開となります。
[PR]
by redhills | 2005-05-18 05:41 | 日記



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31