"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

●あるある詐欺~ネット詐欺に関する被害者ファイルその3

 約2時間後、電話が鳴った。
 おー、おせーなー、忘れてたよ、と思いつつ話す。
 話している自分の声を聞きながら「あーあ、やだな、こんな感じで話してるよ。自分がすごくイヤな奴みたい。だからこういうクレームの電話っていやなんだよなー」と思うけども、どうにもならない。

 責任者のA氏はしばらくねばっていたが、結局、在庫が無い商品を売っていたこと、在庫が無いとわかったのは日曜日の夜だったが(これも怪しい。もっと早かっただろう)、火曜日の夜まで連絡をしないでいたことを認めた。そしてそれらはすべて自分たちのミスであると謝罪した。最初からそう言えばいいのに。まあ、そこまではまだ良し、としよう。

 でもねえ、連絡が遅れた理由が「サイトが不調でメールを送れませんでした」ってナニ??
 パソコンぶっこわれたの?
 ちょっとちょっと、あんたがた、ネット通販業者でしょ?
 それが会社の全部のパソコンのメールが送れなくなった??

 いい加減にしてくれ!!
 そんな小学生みたいな言い訳、誰が信じんねん!!

 勘弁して欲しいことはまだまだある。今全力で卸などに当って在庫を確保するべく八方手を尽くしているが、いつまでに商品を送れるか約束できない、1週間ほど時間をいただけないか、って…。あんまりだよ。

 「あなた方は在庫がないってわかってからも客を放っておいたんでしょ! 商売人としての誠意っていうのはないんですか?」「あ、それはもう…あの、DVDなどお付けいたしますが…」

 ちがーう! そんな付け届けみたいな賄賂みたいなもんじゃなくてさ! それじゃまるでおいらがユスリしてるみたいじゃん。
 そうじゃなくて、「なんとしても明日(あさって)までに絶対に商品を確保して送り届けます!」とかの、気合の入った対応(コトバ)が欲しいんだよ! あー気分ワルイ。

 ああ、これは駄目だな。あまりに客を馬鹿にしている。だんだん怒る気も無くなった。「あー、もういいや、キャンセルだ、キャンセル」入金した代金の返金口座を指定して電話を切った。翌日入金手続き終了のメールが来たので、入金を確認して「くれぐれも客を馬鹿にした商売をしないでください」と返事を出しておいた。

 疲れた。悪気はないと思いたいけど、在庫管理が杜撰で、顧客との信頼関係を軽んじる業者はもう、十分悪質と言ってもよいのではないかな、と思いますた。ふう。

 ちなみに、すぐに別のネット通販で同じ商品を購入して甥っ子に送ったことは言うまでもない。今度は翌日に入金と在庫の確認の電話をした。2日後の昼に甥っ子からお礼のメールが来た。(おわり)
[PR]
by redhills | 2006-04-19 15:29 | 日記

●あるある詐欺~ネット詐欺に関する被害者ファイルその2

 さて次の日。

 待てど暮らせど業者からは何の音沙汰もない。
 メール読んだのかなあ、それとも商品探してる最中かいな。
 と思っているうちにお昼が過ぎおやつの時間も過ぎた。なんにも反応が無い。
 おかしいなあ。

 日も傾き始めた。やっぱり電話もメールも来ない。
 しょうがないから夕方に電話した。なんでこっちから催促せなあかんねん。
 電話はすぐにつながった。やれやれ、どうやら店はホントにあるみたいだ。

 電話口のにいちゃん、手馴れた口調。注文番号を言ってから「どうなりました?」と聞くと、少々お待ちくださいといって、何やら調べている様子。返ってきた答えに驚いた。「やっぱり商品はまだ届いてないですね。どうします?」

 どうしますって、あんたねぇ(怒)…。努めて冷静に「あの、返事のメール、読みました?」と声を絞り出すと「えっと、ああ、読ませていただきました」ってしれっとした態度。ホントに読んだのか?「それでどう対応されるんです? お返事待ってたんですけど」「ですから、今メーカーに問い合わせてますがいつ商品が入るのか…」

 ええい! もういいわい!

 ダムが決壊するかのようにおいらの口は言葉を発し続けた。それをここにいちいち書いていたら大変だし、決して気持ちのいいものではないから書かない。

 「責任者に変われ!」
 しばらく間があって別の声になった。今度はこちらが何を言ってもひたすら平身低頭、謝るばかり。
 「だからさ、こっちは謝って欲しいんじゃなくて、商品をすぐ送ってほしいんですよ! なんでこんなことになったのか説明して欲しいんですよ!」

 すぐ調べて折り返し電話をするというので、一旦電話を切った。(つづく)
[PR]
by redhills | 2006-04-18 15:37 | 日記

●あるある詐欺~ネット詐欺に関する被害者ファイルその1

 一時期話題になった「オレオレ詐欺」って最近とんと聞かなくなったけど、この間、「あるある詐欺」にだまされてエライ目にあったんよ。

 4月になり、甥っこが東京で1人暮らしをすることになった。
 お祝いに何がいいかって話で、DVDレコーダーに決まった。
 欲しいブランドと型番を教えてもらったのが3月末だったので「よっしゃ、善は急げじゃ」というわけで、価格ドットコムで探したわけ。

 一軒目はなんと、住所や送付先なんかを打ち込んである間に在庫切れになっちゃった。んで、慌てて二軒目へ。急いで入力してネットでの手続きは終了。ふ~、間に合ったぁ。そして、その足ですぐコンビニへ。プリントアウトした「インターネットショッピング払い込み票」のバーコードを読み取って、その場で現金払い。これですべて終了。いやあ、便利になったもんだ。時間も遅いし、店に行く手間もかからんし、値段も安いし!

 と思って安心したのが、金曜日の夜だった。
 日曜か月曜には届くかな、と思って、甥っこのお礼の電話を楽しみにしていた火曜の夜のこと。

 通販業者から「【確認】ご注文番号[01320300] について」というメールが届いた。読んでみて、目を疑ったよ、あっしは。それはこんな内容だった。

> リトル様
>
> インターネットあ○ば×~をご利用頂き誠にありがとうございます。
> お申し込み頂いております【HDD&DVDレコーダー RD-△△】ですが、
> メーカーからの当初入荷予定が遅延の為まだお届け出来ない状況です。
> 【HDD&DVDレコーダー RD-△△】は入荷次第配送手配をさせて頂き
> たいのですがいかがでしょうか。
> ただ、現時点でまだメーカーより正式な納期回答が得られていない状
> 況ですのでキャンセルも承らせていただきます。
> ご検討の上、お手数ですがメールで構いませんのでご連絡ください。
> 欠品と納期遅延によりお待ちいただいておりますお客さまには大変
> 申し訳ございませんが、今しばらくお待ちいただけます様お願い致
> します。
> 今後、この様な事の無いよう社員一同全力で努めてまいりますので、
> これからもどうぞよろしくお願いいたします。
> ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。
>
> インターネットあ○ば×~  通信販売部

 最初は何を言ってるんだかわからなかった。
 二度三度と読み直していくうちに、「おいおいおいおい~~~~」と沸々と怒りが湧いてきた。

 「メーカーからの当初入荷予定が遅延の為まだお届け出来ない」ってどういうことですか?

 「現時点でまだメーカーより正式な納期回答が得られていない」ってナンでしょうか?

 これってつまり、あなたがたは、店に在庫がない商品を「ある」といって売っていたってことですか?
 「あるある詐欺」かよ! おい!

 あのさ、ネット通販て、お客が店に行って商品を確かめられないの。だから在庫の有無ってのは、サイトを信じるしかないの。それを、「在庫あり」って売り出して、客に手続きさせて、代金まで払わせて、それから「4日も」たってから、「電話一本寄こさずに」メールで「商品がメーカーからまだ届かないので送れません」だと!!

 客をなめるのもいいかげんにせい!

 しばらく時間を置いて気持ちを落ち着けてから返事を送ったんだけど、それでもかなり怒りが伝わる文面だったと思う。
 なぜ在庫がないものを「ある」と言っていたのか、詐欺じゃないか、在庫がないってわかったならなぜすぐに連絡を寄こさないのか、4日後なんて論外じゃないのか、真剣な商売をするつもりなら、ただ謝るんじゃなくて、明日の朝一番に他の店で売っているのを買ってきて送ったらどうなんだ、なんてことを書いた。それでひとまず、どんな対応をするのかを待つことにした。(つづく)
[PR]
by redhills | 2006-04-14 20:10 | 日記

●史上最大のどんでん返し

 好きだからいろいろな映画を観たりする。
 昔「結末は決して誰にも言わないでください」っていうキャッチコピーの映画がヒットしたけど、あっと驚くどんでん返しは映画の楽しみの一つだよね。僕のお気に入りはビリー・ワイルダーの「情婦」だけど、いや驚いた。こんなどんでん返しはないっしょ。世界中が2000年も騙されてたなんてさ。

 知ってる人もいると思うけど、「ユダの福音書」のニュース。知らなくても読めばだいたいわかります。

 ユダを知らない人はいないよね。
 イエス・キリストに選ばれた愛弟子、12使徒の1人でありながら、金に目が眩み、官憲にイエスの居所を密告した男。欲のために信仰心を売り渡した裏切り者の代名詞。13という数字が不吉なものとされるのもユダのせい。おそらくキリスト教が広まって以後、西洋人に「ユダ」という名前の方はいないでしょう(全国の湯田さん、ごめん)。実際、ドイツではJudasという名前を子どもに付けようとすると法律で罰せられちゃうくらい。

 さて、その世界一の嫌われ者であるユダさんが、実はすんごいいい奴だった! というんで世界がひっくり返ったってのが今回のお話。

 それは1700年の時を超えてやってきた。
 1978年のエジプトである古文書が発見された。発見されたといっても見つけたのは盗掘者で、そいつはそれが何であるかも分からずに古物商に売り飛ばしてしまうのだが、この古物商がまたアホな奴で、300万ドルという法外な値段でアメリカの大学に売りつけようとして断られると、なんと、銀行の貸金庫に20年近くほったらかしにしてしまうのだ。

 2000年になって、30万ドルでその古文書を譲り受けた女性は、それが「ユダヤの福音書」であると聞かされ、運命を感じたという。「これは、ユダが私に名誉回復を依頼しているんだわ」と。
 彼女はさっそく、古文書復元と古代エジプト文字(コプト文字)の専門家の元にそれを持ち込んだ。

 気の遠くなるような作業が始まった。
 風雪に晒された十数枚のパピルスはボロボロに崩れており、1000以上の破片となっていた。彼らは、それらピースの全てをカラーコピーし、原本を丁寧に保存した後、現物と同じ形に切りとったコピーの文字を解読しながら、一歩一歩復元していった。

 徐々に姿を現す古文書。そこに記されていた内容は、まさに驚天動地、驚くべき内容だった。
 「ユダの福音書」によれば、あの悪名高い「ユダの裏切り」は、イエスが求めた出来事であったというのである! 

 え!?

 ユダが裏切るのを知っていて止めなかった、っていうんじゃないんよ。やらせだったっていうわけ。

 しかも!

 なぜユダだったのかっていうと、彼が12使徒の中で最も信心深く高潔であり、イエスの寵愛を受けていたがゆえに、裏切り者という、後世に長く着せられる汚名を背負うことを使命として授かったのだという!

 うわ、すごいわ、これ。

 今まで極悪人だった人が、実は一番の善人だったって…。
 しかも、他の福音書(マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネ)で散々悪者呼ばわりされ(ヨハネなんかじゃサタン呼ばわり(笑))、2000年近くののしられ続けた今になって、「あ、それやらせでした」「実はさ、あいつ一番いい奴だったから悪役させたのよ」なんてさ!

 イエスさま、もう憎い、ニクイ~~~~
 すっかり騙されましたよおおおおおお

 いや騙すならこれくらいデッカク騙さないとね!!
 もう、腹も立たんわ。
 ていうか、天晴れ!! って感じ。

 あ、念のため言っときますと
 果たして史実がどうであったか
 ユダはいい奴だったのか、それともやっぱり悪い奴だったのかはもちろんわかりませんです。
 でも、今までのキリスト教の教えが180度変わる可能性があるわけです。

 それから、肝心の古文書の真贋ですが、放射性炭素年代測定で、このパピルスは西暦280年プラマイ50年のものであることが判明してます。
 「ユダの福音書」については、西暦180年頃には存在していたことはわかってましたが、今回初めて写本が発見された、というわけです。
 実は福音書って4つじゃなくて、キリスト教が出来た初期には30以上もあったそうです。
 カトリックが封印し歴史に消えた教えが2000年の時を超えて蘇ったというわけですね。

 いやあ、歴史って、ほんっっっとにいいもんですね~~~~
[PR]
by redhills | 2006-04-11 00:13 | ニュース



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30