"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

<   2007年 07月 ( 46 )   > この月の画像一覧

日経・7月2日

今日の記事は

・株主総会、もう1つの争点~「同族」の功罪、改めて問う (9面)

の1本です。

 不祥事が出るたびに槍玉にあがることの多い「同族経営」。そして常に、松下やトヨタの例が反証として挙がるわけですが、この記事にもあるとおり、同族経営には「功」もあれば「罪」もありえるわけです。いずれにせよ、株主総会の変質と共に、従来型の白紙委任型同族経営は難しくなっていくと思われます。

夕刊から

・イノベーションby 社会起業家11~ウェブに集う8000人の思い (夕刊3面)

の追加です。

 夕刊で社会起業家の記事が連載されていました。ソフィアバンク代表で多摩大学大学院教授の田坂広志氏が03年に立ち上げた、ウェブ上の交流の場である社会起業家フォーラムには、大企業のサラリーマンから看護師や先生など、幅広い人材が集います。一橋大学の谷本寛治教授が05年に設立したNPO法人、ソーシャル・イノベーション・ジャパン(SIJ)も、企業や政府、学生を巻き込んでイベントを開催するなどの活動をしています。社会起業家と企業とを繋ぐことが課題だと話すソシオエンジン・アソシエイツ社長でSIJ事務局担当の町野弘明氏は、今年中には社会起業家に投資する金融機関のソーシャル・ベンチャー・ファンドをスタートさせたい、と意気込みを語っています。
[PR]
by redhills | 2007-07-09 19:13 | ニュース

チラシ・7月8日

今日はものすごい頭痛で目が覚めた。背中がズキズキしていて起き上がれない。しかも時間は10時近い。このところ原因不明の体の変調が目立つ。

今日のチラシは1つ。

・7/9(月)移転オープン! 食に演出と楽しみを 博多もつ鍋 Y 先着200名様にYオリジナル焼酎進呈 隠れ家的な博多もつ鍋ダイニングへようこそ。(写真は上半身はっぴにふんどし姿の子供の後ろ姿) 
<<理念>>
ここ「博多もつ鍋Y」は、
博多もつ鍋の約100年の歴史を先人より、
ありがたく甘受し、学び、そして独自に研究を重ね
21世紀の今、ここに究極の博多の味を完成させました。
博多には玄海、周防灘、有明という三つの海と、
地の彩り豊かな田と畑が育む農産物、
そしてそれを育んだ豊かな水があります。

暮らしやすい九州の風土にアジア諸国の文化を
巧みにとり入れた
筑後の国の豊饒を生粋の九州焼酎で堪能する
エンタテイメント性豊かな
「博多の食卓」をお届けします。

だそうです。博多っ子の方、行ってみて下さい。
[PR]
by redhills | 2007-07-08 23:13 | 日記

日経・7月1日

今日の記事は

・ネットと文明第12部・新しい現実5~「個衆の時代」(1面)
・「がん診療連携拠点病院」調査~診療実績・体制編~人材不足広がる治療格差 (11面)
・抗がん剤・放射線専門医、がん拠点病院常駐は半数未満 (38面)
・リアル・リーダーシップ~誠実・勇気・正直が成功の条件 (24面)

の4本です。

 ネットが新たな文明の利器であることは間違いないでしょう。産業化と民主主義が大衆化社会を生み出し、それを誘導する新たな権力としてマスコミ (新聞+映画→ラジオ→テレビ)が君臨してきたわけですが、一部による情報の独占という構造にそろそろ変化が現れた、というわけです。
 しかし、ネット上で直接に個人同士が情報をやり取りしたからといって、それが果たして「衆愚」を生まないといえるのかは疑問です。一部の声だけを流すマスコミに比べて、ネットがより柔軟性を持っていることは事実です。がしかし、直接であろうと間接であろうと「衆愚」は現れます。それを望む大衆の潜在意識はいつの世にもあるのです。それは、古代ギリシャの、あの賢いアテネの民が辿った歴史を見れば明らかです。
 賢明なる「個衆」がいないというのではありません。彼らは確かにいます。しかし、だからといって、ネットの普及によって「衆愚」が消えることはないのです。それは人間の本質に関わる問題であって、文明やテクノロジーの領分の話ではないのです。ですから、ネットと政治の関わりに過度の期待を抱くのは誤りであると思うのです。
 その点で、「独立した個人の判断を公平に総和すれば、真実に近い正答を 「民主的に」導き出せる」(ヤフー・川辺氏)などというのは幻想です。ネットを通じた「個人の判断」の「総和」で「真実」に近づけるとは思えません。真実は多数決で得られるものではないのです。ネット企業は、ネットをもう少し冷静に評価し、その出来ることと出来ないことをきちんとユーザーに伝えるべきではないでしょうか。そうでないと、それこそ個人をミスリードし、大衆を衆愚としてしまいかねません。

 日経新聞による、がん診療連携拠点病院に対する全国アンケート調査の結果が出ています。今回は診療実績・体制面ですが、深刻な人材不足や治療格差が数字に出ました。
 手術の技術水準に比べて遅れているとされ、国のがん対策推進基本計画でも今後重点的に取り組むべき課題と位置づけられた放射線治療と抗がん剤治療について、現在放射線、抗がん剤ともに学会認定の常勤専門医(または暫定指導医)がいない病院は、回答のあった213施設のうち、35施設(約16%)もありました。その大半は、地方の中核的な病院で、病床数も、前病院の平均(約586床)より小規模な病院が31を占めています。こうした病院の多くからは「国が求めるレベルに達するには今の数倍の費用がかかる」「常勤医が欲しいが、全国的に絶対数が少なく探すのは困難」などという声が聞かれます。がん医療の地域格差を無くそうという政府の方針はうなづけるものの、「根本的な人材不足を解決しないまま、わずかな補助金でがん医療が平等に行き渡っている様に見せかけている」という厳しい指摘も見られます。
 また、医師以外の医療従事者(コメディカル)においてはさらに手当が遅れています。がん看護専門看護師やがん化学療法看護認定看護師などといった、専門資格コメディカルがいる病院は、全病院の10~30%台どまりでした。現場からは「そもそも看護師の確保が困難な中、資格を取るには長期間の研修も必要でハードルが高い」という声が聞かれました。また、「拠点病院に指定されたことで業務が増加し、それに伴う人材確保や人件費対応に苦慮している」という意見もありました。
 これらは現場で解決できるレベルを超えていると思われます。政府の対応が急がれます。

 書評欄から。「正直で善良な人間は報われる」と言うと「何を古くさい」と思われるかもしれませんが、何を隠そう、これは現代のグローバル時代における第一線の経営者によるリーダー論の本の主張なのです。著者のピーター・ジョージェスク氏は、アメリカの大手広告会社、ヤング&ルビカム社の元会長兼CEOです。彼の幼少時の体験が、誠実さ、勇気、正直さをその一生を貫く価値観とし、彼によればそれこそが「新しいビジネス界に必要とされている」とのことです。
[PR]
by redhills | 2007-07-08 23:02 | ニュース

チラシ・7年7月7日

出かける時にマンションの入り口に植わっている竹を見た。そんなことは春先に竹の子が顔を出してくるのが楽しみで(毎年2、3本は顔を出す)見る以外にはまったく無いのだが、今日は不思議に目が行った。いつの間にか小さな竹が何本も伸びていて、古株も一緒になって葉がこんもりと生い茂っていてびっくりした。
そういえば今日は七夕。それにまるでパチンコみたいな、07年7月7日という100年に1度の?切りのいい日。ベランダへ出てみたけれども、やっぱり曇り空だった。

・D京リアルド 売却物件募集サマーキャンペーン開催 100名様に抽選でギフト券プレゼント!! 抽選にはずれた方全員に5,000円相当のギフト券プレゼント!! P六本木麻布三河台 室内リフォーム完了済 24時間常駐管理 廊下壁大理石貼り(一部) 東京ミッドタウンまで約520m(徒歩7分) 専有面積84.74㎡ バルコニー面積12.00㎡ 築年月平成8年10月完成 価格14,800万円(税込) 

今日は1枚だけだった。
[PR]
by redhills | 2007-07-08 00:16 | 日記

Sweets

会社に来たお中元が、なかなかに素敵だった。
なので家に持ち帰って写真に撮ってみた。
こんな感じである。
b0047859_12275240.jpg

b0047859_12281790.jpg

なにやら語りかけてくるかのような顔つきをしている。思索的だ。
で、このお菓子を作っているのがここ。
b0047859_1231039.jpg

眺めていても飽きないのだが、多分今日のうちに胃袋に収まってしまうと思う。
[PR]
by redhills | 2007-07-07 12:35 | 日記

日経・6月29日

今日の記事は

・地裁「原則総会が判断」~ブルドックの買収防衛策容認 (3面)
・財務最前線~多様化する調達手段(中)~事業証券化動き出す (17面)

の2本です。

 先の株主総会で8割を越える支持を集め、特別決議を経て承認されたブルドックソースの買収防衛策の差し止めを求めたスティールバートナーズの訴えは、退けられました。東京地裁は、「誰を経営者としてどのような方針で会社を経営させるかは株主総会の資本多数決で決すべきであり、防衛策の必要性の判断は原則、総会に委ねられるべきである」と明示しました。その一方で、特別決議による防衛策でも、「必要な範囲を超えて買収者やその他株主の利益を損なうことは許されない」とし、過剰防衛は認めませんでした。
 これはとどのつまり、「敵対的買収の行方は市場(株主)の判断に委ねる」ということです。当り前といえば当り前ですが、これからはより一層、経営側も買収側も、株主の支持を得られるような経営計画を示し、企業価値の増大に真剣に取り組む必要が出てくることでしょう。また、株主も判断を下すものとしての責任が重大となることは言うまでもありません。

 「無から有を生み出す」というとやや語弊があるかもしれませんが、将来の事業収益を担保に資金を調達する「事業証券化」は、元手無しに事業者が望みの施設を得ることを可能とする金融手法です。今まではパチンコ店など、収益が読みやすい一部事業に実績があっただけだったのが、ここにきて介護分野など、広がりが出てきました。ただ実績は昨年、今年で10件程度にとどまっており、今後の鍵を握るのは「金融機関の与信スタンスと金利」(スタンダード・アンド・プアーズの尼寺啓人氏)です。当社のプロジェクトにも応用できないか、注目です。
[PR]
by redhills | 2007-07-06 20:38 | ニュース

チラシ・7月6日

今日は早めに帰ってきた。どうもこのところ睡眠不足気味で朝早く目が覚めてしまう。そのためかなんなのか、何となく体がダルく夏バテ気味。家に帰って食べるつもりがなぜか途中で無性に御飯が食べたくなり、豚丼をいただいてしまふ。すごく満足する。

郵便受けを開けたら空だった。珍しい。というわけで、チラシは無し。こんな日もある。
[PR]
by redhills | 2007-07-06 20:36 | 日記

いかにも白がやりそうなことだけど

まあ、あり得るとは思ってはいたけれどね。

白(エル・ブランコ)こと、レアル・マドリーが、リーグを制したのにもかかわらず
監督のファビオ・カペッロを任期途中で解任した。

3年契約の1年目、出だしはバラバラのチームに得意の規律を持ち込んで
ロナウドやベッカムを始めとするビッグネームとぎくしゃくして得点力が急低下、
年を越えたところでは、とても優勝など望める位置ではなかった。
ところが。
まあ、我がバルサの最終盤でのふがいない戦いっぷりによる足踏みもあって
(というか、それが原因の99%なのだが)
勝点同点、直接対決の結果による優勝という、劇的な結末を呼び
10年前の時と同様、就任1年目で最高の結果を、名将カペッロはたたき出した。

ああ、それなのに。
ここ3年、銀河系システムの失敗(崩壊)により、一切のタイトルから見放され
史上最悪とまで言われていた「20世紀で最も成功したクラブ」の危機を救った彼を
クビにしてしまったマドリー。

念のために言っておくが
私はカペッロのサッカーは大嫌いだ。
彼の理想は、スペクタクルとは対極に位置する、まさに「点を与えずに1点とって勝つ」という
守備とシステム偏重でがんじがらめに選手を縛りあげる、何の興奮ももたらさないサッカー。
サッカーにイマジネーションのきらめきを見たい者にとってはいい標的なのだが
今回ばかりは彼に同情を禁じえない。

なぜなら、三顧の礼を尽くして彼を招聘したのは、他ならない、現マドリーの首脳陣なのだ。
会長のラモン・カルデロンは、会長選挙の公約に「カカ、セスク、ロッベンを獲得する」
という大見得を切って当選したものの
ふたを開けてみれば口先ばかりで彼らを獲得することは結局できなかった。
その彼が唯一実現したのが、「勝てる監督、カペッロ」だったのだ。
まあ、カペッロもカペッロで、1年前は針のむしろに置かれていた。
サッカー界を揺るがしていたユヴェントスの八百長疑惑。
当該チームの監督としてつらい立場にあり
イタリアから離れたかったという事情も大きく影響していたのは事実だけれど。

まあそれはともかくである。
「優勝」という「結果」が欲しくてカペッロを呼んで来たのはカルデロン自身なのだ。
それを、優勝したのに「我がマドリーの望むサッカーを彼は実現できない」から解任とは!
カペッロのサッカーがどんなものかなんて、少しでもサッカーをかじった人間なら誰でも知ってるわい!
カペッロクビにする前に自分の落とし前考えろ!
と言いたいところなのだが
この厚顔無恥ぶりには恐れ入るばかりだ。
逆に言えば、さすがにここまででなければ、白の会長など務まらんのかもしれないが…。

どうやら、「任命責任」なるものはこのチームにはないらしい。
某国の総理大臣もこうだったら良いのにね。
[PR]
by redhills | 2007-07-06 13:06 | サッカー

日経・6月28日

今日の記事は

・ネットと文明第12部・新しい現実3~デジタル安全網 (1面)
・「アレルギー科、存続を」~患者4団体厚労相に要望書 (42面)

の2本です。

 ネットを通じての情報や金品の流通は簡便であり、使い方を考えれば非常に肌理細やかな対応が可能です。また同時に、悪用しようと思えばリスクやコストを余りかけずに利得を得ることも可能です。ただ、表に出て行動することが余り得意でない日本人にとっては、募金活動などにネットを使うことなどは確かに効果があると思われます。ネット自体に善意も悪意もありません。要は、ネットは使い様、ということです。

 厚労省が医道審議会に提案している医療機関の標榜する診療科名の削減について、アレルギーの患者4団体がアレルギー科の存続を訴えました。厚労大臣との面会で要望書を提出しました。大臣は「方針はまだ最終案ではない。患者や学会の意見を聞いて、良い結論を導きたい」と述べました。
[PR]
by redhills | 2007-07-05 21:58 | ニュース

チラシ・7月5日

今日は一転暑かった。

・OPEN HOUSE 分譲賃貸マンションF 7月11日12日pm15:00~pm20:00 STUDIOタイプ 55.28㎡ 賃料310,000円 管理費無し フロントサービス有 角部屋!南向き!! 「赤坂」徒歩1分!! 株式会社D
・(18ページの冊子)選ぶたのしみ・見つける喜び GOOD Dの不動産情報誌城西版:港区・中央区・渋谷区・世田谷区・目黒区・品川区・新宿区 掲載件数285件以上 月2回(10日・25日発行)
・売マンション求めています! 地域限定「赤坂」で探しています! 当社のお客様が「赤坂」地区でマンションを探しています。 早期売却へ3つのサポート! S
・Aの特選物件情報 都心Selection (見開きに物件情報が20件) 赤坂売マンション 8,480万円 東南角部屋 竹中工務店設計・施工 100.21㎡ 築年78年 などなど
[PR]
by redhills | 2007-07-05 21:55 | 日記



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧