"the Akasakan diary"    ~リトル君の赤坂日記

日経・7月19日 62万円 1000円 2人

今日の記事は

・医療IT化費用、1病床年間62万円~中医協分科会調べ (5面)
・どう使うPFI・先進地欧州に学ぶ(下)~透明性と競争性明確に (35面)
・医師数、7カ国で日本最低~OECD統計~1000人当たり2人 (38面)

の3本です。

 中央社会保険医療協議会(中医協)の分科会が、医療のIT化のコストに関するアンケート調査をまとめました。それによると、電子カルテや業務支援システムを導入した場合、1年間にかかる費用は平均で1病床あたり62万円程度に上り、医業収入の3.9%に相当するとのことです。
IT化の効果については、診療報酬請求事務が効率化したと答えた病院が62%に達した一方で、残業が減って人件費が減ったかどうかについては、「そう思わない」(28%)が「そう思う」(22%)を上回りました。調査は全国2000の病院を無作為抽出して実施し、約1割の回答を得ました。

 PFI先進国であるイギリスではありますが、問題が無いわけではありません。1863年開通という世界最古の歴史を持つロンドンの地下鉄は、PFI導入から5年が経つというのにサービスは一向に改善せず、それどころか、初乗り運賃はこの2年で倍の4ポンド(1000円!)へと跳ね上がりました。原因は労働組合の反発で、サービス向上にはあと10年はかかると言われています。また、事業の公示から契約まで平均34ヶ月もかかるという準備期間の長さも問題となっています。事業の精査に時間がかかるためですが、入札費用だけで総事業費の1割強になるというのは、本末転倒のような気もします。

 経済協力開発機構(OECD)が公表した医療に関する統計「ヘルスデータ」2007年版によると、人口1000人当たりの医師数は日本は2人と、主要7カ国で最低でした。調査は05年(日本は04年)のデータを基に加盟30カ国を比較したものですが、日本の数値は全体でも下から4番目でした。
[PR]
# by redhills | 2007-07-26 15:28 | ニュース

日経・7月18日 争奪 圧倒的

今日の記事は

・食料争奪・激変する畜産地図(上)~食肉調達、新興国が台頭 (13面)
・幻冬舎社長・見城徹氏~努力の異端児、数字で補強 (15面)

の2本です。

 旧ソ連の崩壊によって起こった東西冷戦の終焉は当初、政治問題でした。米ソのパワーバランスが失われることで、両国が軍事力で押さえ込んでいたリージョナル・パワーが活動を始めた結果、中東で湾岸戦争が起き、旧ユーゴで民族紛争が起きました。これらの地域紛争を抑え込むべく、多国籍軍が編成されたりPKOが各地で行われるなど、国連と、世界唯一の超大国となったアメリカの力が問われました。

 ところがやがて90年代も後半になると、冷戦終結がもたらしたのは世界経済の膨張であることが分かってきました。全世界を資本主義の一色で塗りつぶす「グローバリズム」が、その姿を現したのです。人件費の安い東欧やアジアが世界分業体制に組み込まれて大企業の生産基地となり、BRICsに代表される新興国が高度成長を始めました。工業化により成長を続ける国が急増した結果、世界中で、工業生産やインフラ整備に欠かせない1次資源である石油や鉱物の需給が逼迫し、00年頃から資源価格が急騰しました。そしてそれは全世界規模でのマネーの流動化と過剰化を生み、それがさらに資源価格や株式市場を高騰させるという状況を生んでいます。

 そしていま、世界争奪戦は食料に及んできました。新興国の食事が肉食化し、そのなかの一部富裕層などが高級食材を求め始めたのです。食料需給の逼迫の結果、欧米人が従来あまり目を向けなかった魚介類の価格までが高騰してきています。先日のヨーロッパ産ウナギの稚魚に関する措置にもあるように、今や海産物、農産物、そして畜産物などすべての食料は、家畜の飼料となるトウモロコシから、高級食肉である和牛に至るまで、グローバリズムにおける争奪戦(と投機)の対象なのです。そしてごく近い将来、これに「水」が加わることでしょう。

 世界人口の半分が豊かになろうと走り出した結果、モノの値段は上がりっぱなしです。これは日本の農林水産業復活のチャンスでもありますが、消費者の立場からは注意すべきトレンドであると思われます。10年前に「地球白書」でレスターブラウンが予言したとおりに、世界の食糧事情はなってきています。

 今日本の経営者で、エルピーダの坂本幸雄氏と並んで注目を浴びている人かもしれません。古い慣習と老舗が支配し、ネット時代にも乗り遅れた完全な縮小マーケットである出版界でヒットを連発し、あえて総合出版社への道を驀進する幻冬舎。その設立者であり心臓である見城徹氏は、掟破りの話題づくりや売り出し方ばかりが話題となりますが、実はPOSデータを毎朝欠かさず分析するという、きめ細かな営業スタイルを持っています。それに加えて、今も300人以上の作家を担当するなど、まさに24時間すべてを仕事に捧げているという言葉にウソはないと思わせる「圧倒的な努力(見城氏談)」によって、大手の10分の1のマンパワーで半分の利益を挙げています。
[PR]
# by redhills | 2007-07-25 12:44 | ニュース

日経・7月17日 税金 スタンス

今日の記事は

・公立病院再編、交付税で支援~「基幹病院」に機能集約~総務省検討 (1面)
・消費者保護へ行政動く~省庁連携が課題 (11面)

の2本です。

 昨日、イギリスのPFIについての記事をご紹介しましたが、政府はどうやら、公立病院の再編を税金で賄うつもりのようです。
 現在全国の病院総数の約1割(982病院)は公立病院ですが、その約3分の2にあたる626病院は赤字になっており、地方自治体の財政に負担となっています。総務省は、これは各自治体がバラバラに中規模の病院を運営し、それぞれが病床数に応じた医師を配置していることから、地域に適正な医師配置がなされていないことによると見ています。
 そこで、今般総務省で病院配置のガイドラインを作成し、高度医療を手掛け地域医療の中核となる「基幹病院」を指定して医師を重点的に配置し、周辺の病院は規模を縮小して医師が少なくてすむ診療所などに転換することで、効率的な運営を目指すことにしたものです。
 総務省では、再編を進めた自治体には、エサ(失礼!)として地方交付税で支援することを検討しています。月内に公認会計士ら有識者による「公立病院改革懇談会」を立ち上げて具体策をつめたうえで年内にもガイドラインを作成し、来年度からの導入を目指しています。

 政府がモノやサービスの契約・取引について、相次いで消費者保護策を打ち出しています。経産省は先月、英会話教室のNOVAが特定商取引法に違反したとして一部業務停止という異例の行政処分に踏み切りましたが、この裏には国民生活センターの存在がありました。
 70年創立の内閣府の独立行政法人であり、全国の消費者情報を蓄積したデータベースを持つ同センターに寄せられた英会話教室に関する相談・苦情件数は、06年度までの5年間で1万8千件でしたが、そのうちNOVAだけで5700件を占めていました。昨年夏、同センターはNOVA利用者の苦情記録を経産省に送りました。経産省はその情報を元に被害者に接触し、NOVAの契約慣行を悪質と断定するのに十分な証拠を得ることが出来たのです。
 ですが、もともと同センターは経産省を「業者寄り」とみなし、両者は「犬猿の仲」であったのです。それがどうしてこのような共同作業が可能となったのか。それは経産省のスタンスが業者保護から消費者保護へと移りつつあるからです。同省の特定商取引法に基づく行政処分はこの6年に20倍以上に増加しています。事前規制から事後規制へと転換を図っているのです。それを感じたからこそ今回初めて、同センターは経産省と連携したというわけです。
 ただ、経産省の取り組みにはまだまだ力不足の面もあります。違法行為の調査などにあたる担当者は本省でおよそ40人に過ぎず、また、アメリカでは連邦取引委員会(FTC)に消費者行政がほぼ一元化されているのに比べ、日本では経産省のほか、内閣府、公正取引委員会などにまたがっているために、省庁連携の難しさがあります。ラルフ・ネーダー氏に代表されるように、消費者運動についてもアメリカは先進国ですが、日本の消費者行政はやっと動き出した感があります。
[PR]
# by redhills | 2007-07-24 16:26 | ニュース

日経・7月16日 PFI PM 防衛

今日の記事は

・民間の創意、好循環生む~PFI先進国、英に見る (23面)
・新進気鋭・ザイマックス~不動産の収益性を向上 (11面)
・防衛策の司法判断~ブルドック基準、どう影響 (16面)

の3本です。

 社会資本整備に民間のノウハウと資金を導入する手法、PFI(プライヴェート・ファイナンス・イニシアティブ)。財政難をきっかけに92年にイギリスで誕生したPFIは、事業数800を超え、うち約500の公共施設が完全民営へ切り替わり、総投資額は約13兆7500億円に達しています。ロンドン中心部にある市立高校はPFIで校舎などの整備を終えたとたんに環境が激変、それまで70人台だった入学希望者が300人を突破、全国統一試験で優秀とされる生徒の比率が21%から38%へ上昇しました。これは、校舎だけでなく、図書館や食堂などのサービスを民間に任せた結果、優秀な教師が勤務を希望し、在校生の学力水準が上がったためです。
 日本でも99年にPFIが導入されましたが、現在のところ、その目的はもっぱら、民営資本導入によるハコ物建設によるコスト削減でしかないようです。公共事業の延長線上の発想でしかないのです。
 一方先進国のイギリスでは、サービス向上に民間資本を活かすことが主眼となっています。新たな手法として、診療機関のPFIにおいて、ある事業体が一度落札すれば、以降も同じ地区の事業体が指名され続けるという「LIFT」というものがあります。LIFTを活用すれば、地区内の病院を一括受注できるために、規模の小さな病院でもサービス向上が期待できるという利点があるのです。
 日本の行政も、PFIをもっと「サービス向上」という視点から活用すべきように思われます。

 オフィスビルは完成後60年間で建築費の1.7倍の補修費がかかるとされますが、日頃の保守・管理が適切でないと3倍以上に膨らむこともあるといいます。オーナーから業務を受託し、適切な保守・管理でビルなど不動産の収益性を高めるプロパティーマネジメント(PM)は米国で始まったサービスですが、REITなど不動産投資が拡大するなか、ファンドからの受託により市場も急拡大し、日本でも一躍注目されています。
 90年にリクルートが設立したザイマックスは00年にMBOで独立し、ノウハウの蓄積で業界に先駆けてきた独立系最大手です。不動産ファンドの需要を取り込み、受託床面積は右肩上がりに増加、07年3月期は400万平方メートル強と4年前の約3倍に拡大しました。超高層ビルなどの大型物件も多いものの、島田雅文社長によれば「中小規模のビルこそが腕の見せ所」だそうです。一般企業や個人が保有しているビルの方がはるかに多く、また改善の余地もあるからです。そういう意味からも、市場はまだまだあると思われます。不動産系など同業他社との価格競争は激しくなっていますが、ビルオーナー対象の会員組織を立ち上げるなど、新たな顧客獲得に向けた次の手を打っています。

 ブルドックソースの買収防衛策差し止めをめぐる司法判断が注目を集めています。理由は、総会決議型の防衛策に対する初の司法判断だったためです。取締役会型では、ライブドアの買収に対して新株発行予約権発行を決議したニッポン放送の例がありますが、その際、東京高裁は「経営支配権に争いがある場合は原則として不公正」と差し止めています。
 ブルドックは株主総会の特別決議で防衛策を導入、発動を決定しましたが、東京地裁は「対抗手段の必要性の判断は原則、株主総会に委ねられるべき」と支持した一方で、「特別決議でも必要な範囲を超え、買収者やその他の株主の利益を損なうことは許されない」と、特別決議が常に免罪符となるわけではないと、釘も刺しました。
 もう1点、ポイントとなったのは買収者への経済的補償です。ブルドックの場合、買収者の権利行使を制限する代わりに予約権を会社が買い取り、経済的損害を与えないようにしており、地裁、高裁ともにこの点について一定の評価をしています。
 防衛策の導入と並んで問題となるのは、実際の「発動」に向けてのプロセスです。ニッポン放送のように経営陣の保身とされないために各社が導入しているのが、外部識者で構成する「特別委員会」です。ブルドック同様、スティールパートナーズから買収提案を受けているサッポロホールディングスは委員会の独立性を高め、現在防衛策発動の可否の判断を委ねています。
 法曹界からは、いちいち司法判断を仰ぐことは非効率であり、イギリスのシティコードのような、業界内での自主ルールの制定を望む声もあります。
[PR]
# by redhills | 2007-07-23 18:32 | ニュース

チラシ・7月22日 ニラとレバ

むかし、あるところにニラとレバがいました。あるとき2人は、じぶんたちをいっしょにいためると、とてもおいしくなることに気がつきました。そこで、なかのよい2人は中華なべに飛び込みました。できあがった料理はとてもひょうばんになり、たくさんの人がスタミナ料理としてたべるメニューになりました。たくさんの人に愛されて2人はとてもしあわせでした。

ところがあるとき、こまったことがおこりました。料理のなまえを「ニラレバいため」にするのか、「レバニラいため」にするのかで、けんかになってしまったのです。2人は中華なべにいっしょにはいることもやめてしまいました。

「私のシャキシャキした食感ときれいな緑色がポイントなのよ」と、ニラはいいます。
「ちがうよ、僕がいるからみんなスタミナがつくってよろこんで食べるんだよ」と、レバはいいます。
2人はしばらくいいあらそっていましたが、けつろんは出ませんでした。
そこで2人は、他のひとたちがどう呼んでいるのかをしらべてみました。すると、

ニラレバ炒め 28,100件
レバニラ炒め 89,100件

となっていました。

ニラはちょっと不満そうでしたが、どうやら「レバニラいため」のほうが、他のひとのあいだではなじみのある呼びかたのようです。
レバは内心、とくいでしたが、ニラのこともすこしかわいそうだと思って、「レバニラでもニラレバでも、どっちでもいいことにしようよ」と、いいました。
「あら、私はレバニラいためでもいいと思ってたのよ」と、ニラはいいましたが、じつはすこしほっとしたのでした。そしてとてもうれしく思いました。

それから以後、2人は「ニラレバ」か「レバニラ」かについて、もう二度といいあらそうことはありませんでした。今では、お店のメニューに「ニラレバいため」と書いてあっても、「レバニラいため」と書いてあってもかんけいなく、2人はまいにち、たくさんの人たちのおなかによろこんでおさまっているそうです。

めでたしめでたし

・Tokyoまんなか3分 「神保町」駅より徒歩3分 やっぱり、まんなか。6駅8路線利用可能で、自在に都内各所へ直通アクセス シングル向けコンパクトレジデンス誕生。 1DK・1LDK(29.71㎡・32.30㎡):2,850万円~ 第2期先着順受付中 都市型コンパクトマンション首都圏供給実績2006年NO.1 D

・自民・公明政権の暴走ストップ 政治を変えるたしかな力 日本共産党をのばしてください 民主党で自公の暴走がとめられるでしょうか 「庶民増税反対」の旗も「改憲反対」の旗もみえてきません 「たしかな野党」の議席がのびれば政治は変わります

・For your happy ethnic life! ORIENTAL D 1トムヤンクン 151カオマンガイトード ジューシーな旨味!揚げた鶏肉をのせた炊き込みご飯 ¥1300 タイ料理を中心とした美味しいエスニック料理とアジア各国のお酒をご用意してお待ちしております

・ジ○イのお引越しは 素早い対応 納得低料金 クリーン地球にやさしい カンタン検索→「引越 5511」
[PR]
# by redhills | 2007-07-23 18:11 | 日記

日経・7月12日 迷走 創設

今日の記事は

・グッドウィル事業撤退表明1ヶ月~進まぬ交渉 厚労省との調整難航 (11面)
・医師アカデミー来年4月発足~都16病院一体で研修 (39面)

の2本です。

 グッドウィルグループの介護事業の売却が進展していません。買い手の名乗りは続々と挙がっているものの、グッドウィルから交渉についての動きが1ヶ月経った今に至っても見られません。幹部が全国を謝罪と説明のために訪問しているために自治体の意向確認などに時間がかかっていると見られており、交渉入りは8月以降になるとコムスンは言っているようですが、どうやら交渉が遅れているのは、厚労省の意向があるからのようです。表向きは「企業同士の事業売却に介入できない」と言っても、売却先が決まれば、そこが政府からの委託事業を行うことになるわけですから、関与していないわけがありません。ましてや、介護保険制度の信頼を揺るがす不正が発端となっていることもあり、事業売却に失敗は許されない、と慎重になっているのは想像に難くありません。

 東京都は来年4月に新たな研修医の養成制度を創設します。「東京医師アカデミー」は都立11病院と都保健医療後者の5病院が共同で開設し、大学卒業後3年目以降の後期臨床研修医(シニアレジデント)などが研修の対象となります。これまでは病院ごとに募集し研修してきたシニアレジデントを、来年度は募集は各病院で行うものの、研修内容は一体で運営します。これにより、病床数が7200床と飛躍的に増大し、専門性にあわせた症例をより多く見ることが出来る様になります。また、複数の分野の医療知識を生かした「総合診療」ができる医師の要請も目指します。他には救急医療の指導を義務付けるなど、高齢化を背景にしたニーズの高まりに対応します。これに伴い、受け容れ人員も60~70人から100人へと拡大します。
[PR]
# by redhills | 2007-07-23 09:40 | ニュース

孤独

さて、勝つには勝ったが、やはり詰めの甘さが目立った一戦だった。

相手の長身選手の2トップ&ディフェンシブな布陣は予想外だったが、日本はしっかりと試合を支配して相手が疲弊してくるのをじっと待った。前半0-0は想定どおり。

後半に、セットプレーから低いボールの対応を誤って失点を許してしまったのはプランに無かったと思うが、直後に取り返したのは、アジアという舞台のせいだろうか。高原の成長振りと、失点場面でマークを外してしまった巻が頑張ってハイボールに競り勝ったのは頼もしかった。

いけないのは延長に入ってからだ。余りにも消極的過ぎた。もっと押し上げてシュートを浴びせるべき局面だった。足に来ている相手にどんどん1対1を仕掛けていくべきだった。佐藤は当然だが、さらに水野なども使うべきではなかっただろうか。

とまれ、10人全員で守備をしてやっとたどり着いたPK。オーストラリアは「これで勝った」と思っただろうが、川口の活躍で日本が勝ち進んだ。

PKのキック順を決めると、オシムはピッチから姿を消した。意外と肝が小さいのかな、と思ったが、「私が見ているとチームが負けるんだよ」と、試合後話していた。あのオシムですらゲンを担ぐのだ。確かにPKは運だけど。


それよりこれ見てよ。孤独ってよりかわいい(笑)
b0047859_1493281.jpg

[PR]
# by redhills | 2007-07-22 14:13 | サッカー

再戦

思いがけず早くに再戦の機会にめぐまれた。
3連覇はできればそれに越したことはないが、是が非にでも、というほどではない。
だが、この一戦だけは絶対に勝って欲しいと思う。

もちろん、サッカーアジアカップの準々決勝、オーストラリア戦のことである。

1年前のドイツワールドカップの大切な初戦で起きたことは、単なる終盤の守備のもろさなどではなく、その見事なまでの崩れっぷりは、日本人の民族性にまで言及されるほどに深い傷を 日本サッカー界に与えたのだ。

屈辱は勝って晴らすしかない。
それは、選手や協会、サポーターの誰もが抱く思いに違いない。
この一戦だけは負けることは許されないのだ。

東南アジアの高温多湿の気候に加えて、オーストラリアの1次リーグでの際どい戦いぶりや移動による疲弊など、日本は有利な立場にある。ますます負けるわけにはいかない。

相手が取ってくるであろう作戦は明快だ。
日本の攻撃の中枢である中村俊輔を徹底的に潰すこと、これに尽きる。
おそらくボランチのうちの1人はマンマークに付き、俊輔がどこに動いても、近くにいる者と2人でプレッシャーをかけ続けると予想される。現地の報道もそれを裏付けている。

実はこれとよく似た戦術に完敗を喫したチームを最近見たばかりだ。
それは、コパ・アメリカ決勝でブラジルに3-0で負けたアルゼンチン。
過去コパで1度も負けたことのないバシーレ監督率いるアルゼンチンは、ゲームメーカーリケルメを始めとして、テベス、メッシのフォワードにマスチェラーノやアジャラ、ミリートのディフェンスと、ほぼベストの陣容を揃え、ここまで圧倒的な力の差を見せつけて無敗で勝ちあがってきた。
片やロナウジーニョもカカもアドリアーノもいないブラジルは、国内メディアからは「1.5軍」と書かれ、1次リーグでメキシコに苦杯を喫し、準決勝では辛くもPK戦で勝利するなど、やっとこさ決勝に勝ち残った、という状態だった。アルゼンチン圧倒的優位で戦前の予想は一致していた。

しかし。華麗な中盤を捨て、堅固な守備システムを構築してリケルメを封じこんだブラジルの前にアルゼンチンは攻め手を失い、カウンターから失点して敗れ去ったのだった。

さて、明日のハノイに話を戻そう。

リケルメと俊輔はプレースタイルやチームでの役割など共通点が多い。コパでのブラジルの勝利はオーストラリアを勇気付けたことだろう。
ドイツでも俊輔をマークしたグレッラがいやらしく張り付くことはほぼ間違いないと思われる。では日本がアルゼンチンの徹を踏まない術はないのだろうか。

もちろんそれはある。鍵は、鈴木と中村憲剛のボランチ陣の俊輔への十分なバックアップと、駒野や加地の攻め上がりやサイドチェンジを多用した攻撃が握っていると思われる。特に、パスの出所となるであろう、中村憲剛の役割は重要だろう。彼がその能力を発揮し、俊輔の代わりにボールを散らして相手を動かすことができれば勝機が見えてくる。相手が疲れてきて俊輔のマークが緩んできたところでゴールを奪うのだ。

あとは、身長もあり、フィジカルが強くポストプレーも巧みなセンターフォワード、ビドゥカを90分間、ひと時も目を離さずにマークし切れるか、中澤の力の見せ所だ。そして、攻守の切り替えを意識し、彼へのロングボールの出所を潰す役目を鈴木や遠藤や巻が果たせれば問題なく勝てるはずだ。

ジーコと違って、オシムは具体的な指示を選手に与えることだろう。
明日の夜、歓喜の青い輪が出来ることを祈っている。
[PR]
# by redhills | 2007-07-20 18:34 | サッカー

チラシ・7月19日 無い者ねだり

しかしこれは怪しからんを通り越して滑稽と言うほうがぴったりくる。

自民党公認で東京選挙区から立候補している丸川珠代候補は先日期日前投票をしようとしたのだが、選挙人名簿に名前が無いために投票できなかった。理由は簡単で、彼女が転入届を選挙の3ヶ月前までに新宿区役所に出していなかったからだが、問題はここからだ。
彼女がアメリカ駐在から帰国したのは3年前だったのだ。つまり彼女は、一昨年の衆議院選挙や、昨年の東京都知事選挙に投票していなかったことになる。

仮にも国政に参画しようと決意し、有権者に投票をお願いする立場の者が、自らは投票権を持っておらず、直近の選挙で投票をしていなかったというのだから呆れる。
しかも彼女はほんの1ヶ月ほど前まで、テレビ朝日のアナウンサーとして「報道に」携わって来たのだ。

開いた口が塞がらないとはこのことだ。
いったいどの口が「私に一票を」などと言うのだろう?
有権者をバカにするな、と言いたくなる。

今日は初めて選挙ビラが違法ポスティングされていた。入っていたのは、公明党と並ぶ違法ポスティングの常連の共産党。まあ体裁はいつも通りで目新しさは無いのだが、宮本顕治御大が逝かれたこともあり、一応ご冥福を祈るということで…。

・ストップ貧困 憲法9条まもる あなたの一票を 日本共産党
 「唯一の真の野党」と米『タイム』誌 ←ええっ、あの反米反資本主義の共産党様が、鬼畜米英の雑誌なぞに褒められて喜んじゃって、それを選挙ビラに大威張りで載せてるなんて! 宮本御大は草葉の陰で嘆かれているだろうなあ!

・男癒 時間(とき)満たす、男の空間 おおっ、なんだこれは? 中を見ると…
 五感蘇生術 肌から心へ、心から身体へ、五感から全体をリフレッシュ、ストレスを解消し、五感を蘇らせます。 このリーフレットを持参の方へ 体験価格1コース¥3,150(税込) e/Eケアセンター なんだぁ、男「が」癒す、じゃなくて、男「を」癒すなのね

・手の中でお肌は生れます。 その瞬間に立ち会って21年。私たちは、美顔の専門店です。 快触フェイシャルケア 60分 ふっくら、つるつるのお肌に シミ/シワ/くすみ/ニキビ 通常21,000円→3,150円 e/Eケアセンター銀座 上と同じところでした

・出張マッサージ 指圧・クイック70分¥6,000- オイル・パウダー70分¥12,000- I

・宅配弁当K 夏の沖縄フェア 特典 期間中KWebからご注文いただいたお客様の中から抽選で1名様に『ペアで行く2泊3日の沖縄旅行』プレゼント! ゴーヤチャンプルーどんぶり¥840 

・売マンション求めています! 地域限定「赤坂」で探しています! S日リアルネット
[PR]
# by redhills | 2007-07-20 00:28 | 日記

日経・7月10日 鉄と闘犬

今日の記事は

・東京高裁、スティールの抗告棄却~濫用的買収者と認定~ブルドック防衛策発動へ (1面)
・社説「買収防衛で踏み込んだ高裁」(2面)
・スティールに痛手~ファンドの活動に制約も (3面)
・ファンド規制「あってもいい」~経団連会長 (5面)
・スティール「今後は白紙」~ブルドック、発動で赤字も (13面)

の5本です。

 米投資ファンド、スティール・パートナーズがブルドックソースの買収防衛策の差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審において、東京高裁は地裁決定を支持し、スティールの申立てを棄却しました。決定の骨子は

 1 株主総会で8割を超す賛成で可決された防衛策は著しく不公正な方法ではない
 2 スティールは濫用的買収者と認めるのが相当
 3 不当な公開買い付けに対する防衛策であれば、買収者を差別的に扱っても株主平等原則には反しない

 の3点ですが、高裁決定で注目すべき点は、地裁決定では明確ではなかった、「スティールが濫用的買収者か」という点について、明確にそれを認定した点です。

 高裁はスティールの過去の投資行動について検証したうえで、「最終的に保有株を売却して高額の利益を得た」と指摘し、「短中期的に株式転売などでひたすら自らの利益を追求する濫用的買収」であると断定しました。今回のブルドックへのTOBについても、「あくまで証券売買による利益獲得が目的で、会社の資産処分も見込んでいる」と分析、「容認しがたい不当なもの」と、そのTOBを指弾しました。
 株式会社や株主利益のあり方については、「(株式会社は)理念的には企業価値を最大化して株主に分配する営利組織」としながらも、「(株主)単独で営利追及活動ができるわけではなく、従業員や消費者などとの経済的活動を通じて利益を得ている」存在であるとし、「企業価値について株主利益のみを考慮すれば足りるという考え方には限界がある」と判示しました。また買収防衛策導入の手順についても、従来否定されてきた取締役会決議のみではなく、株主総会の特別決議を経たことで、一部株主に対して著しく不公正とはならない、としました。

 スティールは最高裁への特別抗告なども可能ですが、その決定が下る前にブルドックが新株予約権を発行してしまえば差し止め請求は訴えの意味が無くなります。今回の決定の結果、わが国で初めて新株予約権を使った買収防衛策が発動されることが事実上不可避となりました(11日に発動済)。これにより、スティールの持ち株比率は現在の約10%から3%以下に減少する見通しです。
 スティールにとっては、濫用的買収者と認定されるなど、高裁への抗告により逆に大きな痛手を負った格好であり、今後の日本における活動にも多大な影響が出ると思われます。その衝撃の大きさは、「決定は予想外で、対応は白紙」とのコメントにも現れています。

 また今回の決定は、スティールのみならず、売却益目的で敵対的買収を仕掛ける投資ファンドの活動に楔を打ち込むことになりますが、投資ファンドのすべてが否定されたというわけでは勿論ありません。スティールの場合、100%買収を目指しながら最後まで明確な経営計画を提示しなかったことなど、明らかに経営者として企業価値を高めようという意思に欠けていたことが問題とされているのであり、ファンドの中には、例えばクライスラーを買い取ったサーベラスなど、腰をすえて経営再建に取り組み、新たな企業価値を生み出そうというものもあるわけです。
 この点については経団連の御手洗会長も、「グリーンメーラー(乗っ取り屋)的な動きは企業価値を高めず企業を疲弊させる。ある程度の規制があってもいい」と述べ、財界としてファンド規制が必要との認識を示しました。

 資本主義はカネこそすべて、と思われがちですが、今回の決定は、カネにも心アリということで、その使い方も問われるべきであることを示した、と言えるかも知れません。

 それにしても…。やり手の投資ファンドに怯むことなく立ち向かい、防衛策発動に至るまでの攻防を陣頭指揮したブルドックの社長は実践女子短大卒の池田章子女史です。日本の女性はたくましいですね。
[PR]
# by redhills | 2007-07-19 18:53 | ニュース

チラシ・7月17日 灼熱静止標本

今朝表参道から半蔵門線に乗ろうとしたがいつになく列が長い。反対側の銀座線の列が短いのがそれ以上に目立つ。おかしいなと思ったら半蔵門線が事故で遅れていると放送がかかる。先頭のほうまで歩いていくと列が短くなったのでそこで電車を待つ。数分後に来た電車にはひとがドアや窓に見事に張り付いている。不自然な格好で静止しているその様子はまるで瞬間冷却されたみたいだがでも車中は灼熱なのだ。ドアが開く。が降りる人はいない。銀のソーセージはさらにそこに押し入ろうとするひとたちでますますその密度を高めてゆく。僕は乗ることを諦めて残り少なくなった「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の文庫本を開いた。2分ほどののち、その人間ところてんは重苦しそうにホームから押し出されていった。それから僕は3本電車をやり過ごし、もう3回この奇妙な人間標本を眺めた。それからもうよかろうと思い4本目の電車にもぐりこんだ。混雑は大して緩和されてはいないようだった。少し早起きして歩けばよかった。遅刻してしまった。

・飯島直子とフィットネスクラブOに入会してHAWAIIに行こう!

いつぞやのチラシがまた入っていた。飯島直子は笑っていたけれど、やっぱり飯島直子とハワイに行く方法は書いてなかった。
[PR]
# by redhills | 2007-07-17 23:57 | 日記

チラシ・7月16日 肥満

 健康診断を受けた。新宿3丁目、伊勢丹のすぐ近くのビルの7階。やたらにきれいなクリニックは人間ドックの患者でなかなかの賑わいだった。尿検査と血液検査の結果が出るのは1ヵ月後でまあ良いとして、体脂肪率と脂肪量が標準の数値にかかっていた。体脂肪率は17.6%で標準値17.0~23.0%にわずかに引っかかっていたし、脂肪量は11.5kgで標準の11.0~16.0kgに重なっていた。そして肥満度はプラス2.0%と出た。今まで一度もプラスになったことは無かったのに。注意せねば。

・茶封筒にこう書いてある ご売却をご検討の際はご連絡下さいませ。 (太字に下線で)平成19年7月15日以降に市場に出る新規物件を検討します。 S不動産販売 青山営業センター
 で封筒を開けると中にはレターが入っている。 以下文面
 突然のお手紙にて失礼致します。このたび、静岡県にて寿司懐石料理店を経営されているお客様をご紹介できればと思い、このようなお手紙を差し上げました。平成20年4月より東京にて新事業を始めるにあたり、東京での生活の拠点として、マンションを2物件購入される予定です。(中略)購入希望のマンションの希望は下記の通りです。
 A.平成元年以降に建築されたもので、実績のある管理会社の管理物件であること。大人2名で生活できる間取り。70㎡~ 
 B.週1回、打ち合わせスペースとして利用する為、リビングと和(洋)室を繋げて利用できる物件。事務所使用はしません。(以下略)

・中古マンションを探しています。 下記のお客様が今年の暮れまでにお引渡し可能なマンションを探しています。 港区内のマンションをご売却されました。 ご希望の間取り:2LDKもしくは1LDK+納戸 ご職業柄本をたくさんお持ちの為、書庫用のスペースを確保したいです。 予算:6500万円まで S不動産販売 青山営業センター 担当は中央チームです。

・夏を乗り切るクックデ○バーの夏メニュー 和風冷製パスタ レギュラーサイズ980円 豚の冷しゃぶセット(ライス・ミニサラダ付) ランチ900円 レギュラーセット1,710円 夏季限定オリジナルサルサソース登場!! サルサソースコンビ からあげ(2ヶ)&サルサコンビ 520円 手作りハンバーグの専門店 西麻布クックデ○バー

・チラシ配布員増員の為積極採用中 チラシ配布アルバイト募集のお知らせ 出社不要(宅急便でお送りします。) 1日2~3時間、週2回~ 主婦の方が現在20名活躍中 美容・健康の為に!! 報酬は配布枚数による出来高払い(別途、報奨金制度有り) S不動産販売 青山営業センター 採用担当北チームです。
 う~ん、S不動産販売、独走中だなあ。 裏を見ると、
 売土地 港区南青山一丁目 価格 2億3,000万円 土地面積:74.99㎡(公簿) 青山一丁目駅徒歩3分 建築条件はありません。 商業地域 現況古家有り
[PR]
# by redhills | 2007-07-17 18:03 | 日記

日経・7月9日 3分の2 歴史

今日の記事は

・医療費抑制、企業が加速~「団塊」退職、健保負担を軽減 (1面)
・健保組合3分の2が赤字~今年度見通し (9面)
・老人ホーム、もとは慈善事業 (15面)

の3本です。

 大手企業が医療費抑制の取り組みを加速し始めました。
 団塊の世代の大量退職で、退職者医療費の負担が拡大し、企業の健康保険組合は今後財政悪化が避けられないとみられています。今年度は大企業が組織する1500強の健保組合のうち3分の2が赤字になる見通しです。赤字になれば保険料を引き上げるなどしなければなりませんが、保険料は労使折半のため、被保険者である従業員に対して、医療費抑制を勧め、退職者増による医療費増大の影響を少しでも軽減しようと自主的な努力を始めています。
 主なものとして、後発医薬品に切り替えられる場合に案内をしたり(NTT健保組合)、どれだけ負担が減るのかを知らせたり(東京電力健保組合)するなどといったことがあります。また、トヨタ自動車のように、従業員の健康管理の専用施設を開設して生活習慣病等の予防を強化するというところもあります。

 わが国に限らず、障害者や高齢者などに対する養護施設は、昔から宗教界や一部富裕層が担い手となっていました。それが、1900年代初頭に、国や道府県が優れた慈善事業者に奨励金を交付する公費負担の仕組みを設け、続いて29年に市町村に社会保障政策を義務付ける救護法が成立し、市町村はそういった施設に事業を委託する名目で運営費の一部を交付しましたが、まだまだ十分なものではなく、社会の浄財に頼る状況に大きな変化はありませんでした。
 それが戦後になり社会保障政策が見直されると、老人養護施設は自治体などによる設置が進み、民間の社会福祉法人にも、より多くの公費が支給されるようになっていきます。63年に老人福祉法が制定されると、特に介護が常時必要な高齢者のみを受け入れる施設を特別養護老人ホームと規定し、初めて介護専門の施設が位置づけられます。その後、高度成長期に入り、核家族化もあって入居希望者が急増したことなどもあり、民間企業などが介護サービス付きの高齢者向け入居施設を手掛け始め、80年代以降、有料老人ホームと呼ばれる施設が広がりました。
 そして00年に導入された介護保険制度で、特養や有料老人ホームだけでなく、グループホームなどの様々な入居型サービスが保険給付の対象となり、現在に至っています。慈善活動に端を発した老人ホームはいまや、社会に不可欠なサービスになっています。
[PR]
# by redhills | 2007-07-17 17:22 | ニュース

日経・7月8日 介護は踊る2 緩和ケア 座って

今日の記事は

・ワタミ社長、ニチイ陣営と連携も~「施設の受け皿に」(7面)
・「がん診療連携拠点病院」調査~緩和ケア編~ケアチーム活用に壁 (11面)
・ソファで話せる薬局 (11面)

の3本です。

 グッドウィルグループの介護事業売却をめぐって一括買収に名乗りを上げているワタミの渡辺美樹社長が、同様に買収の意向を持つニチイ学館陣営との連携も視野に入れる姿勢を見せました。先日ニチイが在宅協と連携する方針を事実上決めたことに「大賛成。ニチイがガリバー企業になるのを懸念していた」と述べ、訪問介護が中心のニチイ側に対し「施設(介護)の受け皿がないのであれば、我々がお役に立ちたい」と話しました。ただワタミ側から働きかける予定はないとしており、「話が来たら、(連携を決めている)民介協と一緒に考えていく」と述べました。

 日経新聞による「がん診療連携拠点病院」アンケート調査報告の2回目です。今回は、国のがん対策推進基本計画において、終末期だけでなく初期段階からの実施が掲げられた、患者の痛みを和らげる「緩和ケア」がテーマです。
 医師や看護師、医療心理に携わる人らでつくる緩和ケアチームの設置は、拠点病院の指定要件の1つとなっています。回答を寄せた213施設のうち、中国地方の1病院以外はすべてチームがありました。活動を始めた時期が06年以降の病院が6割で、今年に入ってからという病院も17%を占め、全体的にまだ活動歴は浅いことが分かります。
 活動内容については、チームでの活動に必要と見られる「定期的にカンファレンスを行っている」病院は177施設(83.5%)にとどまり、「マニュアルを整備している」も135施設(63.7%)に過ぎませんでした。実際に今年4月の1ヶ月間に主治医からの依頼でチームが緩和ケアを実施した患者数を聞いたところ、「ゼロ」のところが16施設にのぼりました。その中には、チームに専任の医師がおらず通常業務との兼務のため対応しきれずに近隣のホスピスと連携するなどの工夫をしているところもありました。人材不足はここでも深刻です。
 一方で、人材は確保できていても「主治医が緩和ケアは何かをよく知らないうえ『自分の患者は自分で診る』という気持ちが強く、診療依頼が増えない」といった悩みも聞かれ、緩和ケアについての理解がまだまだであり、チームと主治医との連携に課題があるということも判明しました。

 藤沢市にある「こじか薬局」では、薬を受け取ったり支払をしたりするときも患者は立たずにすみます。カウンターには椅子が用意され、子供連れや補講の難しい人には、薬剤師が待合室のソファまで出向いてくれます。「具合が悪い人を立たせておいて、薬の説明を聞いてと言っても無理」と、薬剤師の初鹿野美貴子さんは言います。向き合って座って話すと「薬が大きくて飲みにくい」といった、患者さんの本音も聞けるのです。
[PR]
# by redhills | 2007-07-17 17:15 | ニュース

日経・7月7日 少子化 親子 新たな試み

今日の記事は

・医療保険、初めて減少 (1面)
・ジャスダック、子会社上場審査強化へ (14面)
・学びと暮らし、世代をつなぐ~大学連携型シニア住宅の建設進む (夕刊13面)

の3本です。

 少子高齢化の影響で保険市場の縮小化が鮮明になってきました。01年度に国内生保にも解禁された医療保険の06年度の新契約件数が対前年比1割減となり初のマイナスとなりました。また主力商品である死亡保険もピーク時の3割減と大幅に減っています。高齢化に適した保険として幅広く受け容れられてきた医療保険ですが必要なそうにほぼ行き渡ったと思われます。生保各社や保険外交員も新たな収益源の確保が課題となってきています。

 ジャスダック証券取引所は10月から子会社上場の審査基準を強化します。親会社グループ出身者以外の社外取締役・社外監査役の選任などの具体策などについて、上場申請時に提出する「コーポレート・ガバナンス報告書」に明記を求めます。親会社の利益を優先し少数株主に不利益をもたらすことのないよう、その利益保護に配慮する狙いです。子会社が調達した資金を親会社が乱用することのないよう、子会社の資金需要を確認し、上場後も資金の使い方を継続的に監視します。親子上場問題をめぐっては、東証も6月末に「子会社上場は必ずしも望ましい資本政策と言い切れない」として、上場企業に配慮を求める文書を公表しました。ジャスダックは東証に先行する形で新規上場時の審査方針などを固め、証券各社に通知しました。

 大学と高齢者向け住宅メーカーなどが連携して、入居予定のシニア層の介護予防や生涯学習を支援する事業が進行中です。関西大学を舞台にした「カレッジリンク型シニア住宅」と呼ばれる国内初のプロジェクトです。神戸市灘区に建設中のシニア住宅「クラブ・アンクラージュ御影(約280世帯)」と、大阪吹田市の関西大学千里山キャンパスとをシャトルバスを結び、毎日大学キャンパスに入居者に来てもらって文学や美術など人文系の6テーマを希望に応じて無料で受講してもらうプランで、実施主体は有料老人ホームなど高齢者介護施設の建設などを手掛ける企業、アンクラージュ(尼崎市)と、財団法人社会開発研究センター(港区)、それと関西大学文学部です。カレッジリンク方シニア住宅のプロジェクトはアメリカではすでに20近くの例があリますが、今回の最大の狙いは世代間交流にあるとのことです。現役学生と一緒に学び、食事などをともにして交流してもらったり、また、教授が受講生から逆に教えられるといった効果も期待できるようです。少子高齢化の進む中での、新たな大学の使命でもあると、今プロジェクトの旗振り役でもある関西大学の奥文学部長は述べています。
[PR]
# by redhills | 2007-07-14 20:14 | ニュース

チラシ・7月13日 正念場

今日はいつになく会社がひっそりしていた。外出していたり代休を取っていたりする人が多かったためだ。明日からの3連休。自分はここが正念場になる。帰宅後、今月中に仕上げなければならない作業と向き合う。でもアジアカップは見ちゃうんだろうなあ。

・元赤坂T 3LDK 11,800万円(税込) 専有面積118.26㎡ バルコニー面積11.61㎡ 昭和54年8月完成 南西角部屋 全室リフォーム完了済! 5路線2駅利用可能 駐車場承継可・月額48,000円 D京リアルド 六本木店 一課 担当/S

・P六本木麻布三河台 14,800万円(税込) 専有面積84.74㎡ バルコニー面積12.00㎡ 平成8年10月完成 8階建て3階部分 室内リフォーム完了済 弊社売主の為仲介手数料はかかりません。 24時間常駐管理 敷地内に空駐車場あります(35,000円~40,000円/月) 東京ミッドタウンまで約520m(徒歩約7分) D京リアルド 六本木店 二課 担当/K

・P居住者各位 配水管清掃のお知らせ 管理会社O 施工業者T
[PR]
# by redhills | 2007-07-13 20:31 | 日記

日経・7月6日 介護は踊る

今日の記事は

・グッドウィル介護受け皿にニチイ会長がトップの在宅協が名乗り(9面)
・訪問介護事業、都内各区が監視強化 (35面)
・介護の行方・コムスン余波(上)~拡大一辺倒、反面教師に (39面)

の3本です。

 グッドウィル・グループの介護事業売却を巡り、介護サービス企業の業界団体である日本在宅介護協会(在宅協)が理事会を開き、加盟会社による一括買収が決まった場合、必要に応じて会員各社が支援することを決めました。これだけだとそう特筆すべきことではありませんが、在宅協の会長が同事業の一括買収の方針を表明しているニチイ学館会長であるとなると、事情は全く違ってきます。在宅協と勢力を2分する業界団体である「民間事業者の質を高める」全国介護事業者協議会(民介協)が、ワタミと組んで同事業の一括受け皿となる意思を表明していることからも、その対抗措置であると思われます。
 しかし肝心のグッドウィルの動きがいまだハッキリしません。当初7月中とされていた売却先の決定もどうやら8月以降にずれ込みそうで、その行方はまだ未定です。

 コムスンによる虚偽申請問題を受けて、都内23区が介護事業者への監視・指導体制を強化しています。今までは事後対応に追われてきましたが、少しずつ再発防止へと力点を移しています。コムスンの訪問介護事業所は21区52ヶ所、利用者は5100人に達します。各区は、事業制度の説明会を開くなどして改めて制度の運用を周知したり監査部署を拡充するなど、新たな不正を出さないような取り組みを行っています。

 コムスンの虚偽申請から端を発した介護保険制度のゆがみと闇。背景には06年4月に施行された改正介護保険法によって事業者の収入が減ったことがあります。元コムスンの2人が、同社の「量より質」を重視する拡大志向の経営に疑問を感じて、地元釧路で「地域密着」を掲げて立ち上げた介護サービス会社「そんぐ」は、自らヘルパー養成学校を運営して自前で質の高い人材を育成、事業エリアも市内などに限定し、ヘルパーには出来る限り近所の人を配置するなどと工夫をし、また待遇面でも気を配ることで離職率を低く抑えることで担当者が頻繁に変わることを防いでいます。こういった、いわばコムスンを「反面教師」とする運営により利用者からの評判は良いものの、同社もやはり介護保険収入が減って赤字に悩む日々です。
[PR]
# by redhills | 2007-07-13 20:15 | ニュース

チラシ・7月12日

帰り道、暗がりにニコニコ笑うポスターを眺めた。そういえば今日から参議院選挙が始まったんだっけ。参院選は7月なので、とにかく暑いという思い出しかない。期間中、どれだけ違法ポスティングがあるかちょっと楽しみ。どんな候補のどんなトンデモチラシが見られるかな。

・カナダ生まれの信頼のハウスクリーニング 夏のキャンペーン 期間/7.9月~8.31金 はじめて定期クリーニングをお申し込みされた方に3,000円チケットプレゼント! 最高6枚まで差し上げます 対象サービス頻度 1週間に1回/2週間に1回/4週間に1回 ご契約期間は6ヶ月以上とさせていただきます 参考料金表 事前にお見積もり(無料)にうかがい、お客様とご相談の上、料金を決めさせていただきます。下表は、マンションタイプ3LDK(60~65㎡)の場合の標準料金です 全室コース 1週間に1回 16,800円~ 2週間に1回 18,900円~ 4週間に1回 22,050円~ M品川 MはT火災などが株主の世界最大のネットワークを誇るハウスクリーニング会社です。
・あなたのための時間づくり、Mがお手伝いします! 同じ会社のチラシなんだけれど、なぜか料金が違っている マンションタイプ3LDK(60~65㎡) 全室コース 1週間に1回 18,000円~ どっちが正しいんだろう?
[PR]
# by redhills | 2007-07-12 20:32 | 日記

日経・7月5日

今日の記事は

・新社長、若返る~6人に1人が20~40代、平均55.9歳 (11面)
・三井物産が病院支援事業~会員組織化・医療材料を割安購入 (12面)

の2本です。

 日経の今年上半期の社長交代調査の結果が出ました。上場企業とそれに準じる主要な非上場企業約5700社のうち交代企業は693社、20~40歳代の合計比率は昨年から3.7ポイント上がった16.8%となり、01年に調査を始めて以来の最高となりました。それを反映して平均年齢も55.9歳と最も若くなっています。要因としては、高度経済成長期に入社した創業家出身者が第一線から退き世代交代期を迎えていることや、新興企業を中心に20代30代のトップが増えたことなどが挙げられます。

 診療報酬の抑制で経営が厳しくなっている病院に対する支援事業に、大手商社で唯一手を付けていなかった三井物産がついに参入します。病院を会員組織化して注射器など医療材料の注文をまとめることで、個別で買うより割安で購入できるように支援します。すでに事業主体となる新会社「三井メディカルアソシエイツ」を設立しています。ただ、これは卸の仕事を大規模にやろうということと大差無い様に思われます。先行する三菱商事を始めとする他の大手商社もすでに同様の業務を始めており、これだけでは限られたパイの奪い合いに過ぎない様な気もします。
[PR]
# by redhills | 2007-07-12 20:16 | ニュース

チラシ・7月11日

何で無いんだろう、おかしいな、と思っていたら、やっと入ってました、ピンクチラシ。

・ご自宅orHotel出張専門 アダムとイブ 常時厳選20名からご紹介可能な優良店指定 モデル級、アイドル級の女の娘たちが大集合!! チェンジ無料 領収書発行 各種カードOK
・完全素人女性による画期的な新システム ラバ・アイ(ラバーズアイランド) 全身から発するオーラ そんな妖艶な匂いがプンプンとあなたの嗅覚を刺激します。 あなたのタイプを詳しく当スタッフにお伝えください。ワクワク・ドキドキのお見合い感覚システムです!!

どちらも電話番号が書いてあるけど、一昔前は携帯番号だったのに普通の番号だった。
[PR]
# by redhills | 2007-07-11 22:25 | 日記



赤坂日記・・・赤坂在住の"Akasakan" リトルが、東京のへそで日々の思いを綴る。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧